新しい織人さん

インド全土で430万人いるといわれる織人さん。

 

世界的にみても圧倒的な数なのですが、そんなインドにおいてさえ、都会に近い村からどんどん若者が町に出てしまい、後継者が減っていくのが悩みの種です。都会にいい仕事があればいいですが、西ベンガル州はそもそも開発が遅れている上、バングラデシュからの移民も多く、労働力は供給過多の状態。都会で生きるのも簡単ではありません。


わたしたちのパートナーやソサエティ(地域の共同組合)は、織人さんの暮らしを維持し、産業を育成するために、工賃の見直しをしたり、ローンの制度を整備したり、研修プログラムを設けたり、販売・マーケティングを支援したりと様々な取り組みを行ってきています。


そんな努力の甲斐もあり、産業革命以降下降の一途を辿っていた手織物産業の規模は、なんと2004年以降少しずつ回復しています。近頃はカディーの村でも、織人のカーストではない若者が、織人さんになりたくてやってきてくることもあるそうです。

 

Sushant Kunduさんは、23歳。数年前から村に通うようになり、村で織機を借りて織る仕事をはじめました。小屋には大体ひとり、名人級の織人さんがいて、彼からいろんな技術や智恵を伝授されるそうです。

 

 

織人さんの工賃は月に大体4,000ルピーから5,000ルピー。決して高くありませんが、家族のいる村の近くで働けること、町での日雇いなどと違って将来は安心できるなどのメリットがあります。


彼は、「この仕事がスキだ。続けていきたい。」といっています。


わたしたちCALICOは、サリーをつくってきた織人さんたちと、彼らの手紡ぎ・手織りの技術を駆使してステキな製品を新しく生み出し、日本や他の国に送り届けることで村の産業が継続するように、そして、それらの商品を心から喜ぶ人々がいると伝えていくことで、その仕事に誇りをもってもらえるようにと願い活動をしています。


F

 

エアリーの村

わたしたちのカディーを織っている村へ。素晴らしい秋晴れ(でもまだかなり暑い・・・)でしたが、大雨が続いたためか道が凸凹で、今回はコルカタから車で往復10時間くらいかかってしまいました。

 

 

 

村は緑が多く、木洩れ日の美しい小路が続きます。パタンパタン、カタンカタンという機織りの音と、たくさんの子供たちに囲まれます。

 

 

 

緯糸カディーのエアリーストールを織ってくれた職人さんのひとり、Jay Devpalさん。


この道35年のベテランで、難しい仕事はだいたい彼のところにくるそうです。上半身ハダカでルンギとガムチャだけを纏う職人さんが多い中、シャツにメガネのインテリ風情です。わたしたちのエアリーをもって記念撮影。「エアリーがとても好評なんです。ありがとうございます」と伝えたら、恥ずかしそうながらもとても喜んでくれました。


新しい織りを進めるJayさん。

 

Jayさんは同じ小屋で働く他の若い織人さんたちにもその技術を伝えています。


F

 

感謝の祈りをささげる

コルカタに来ています。


今日はVishwakarma(ヴィシュワカルマ)というあらゆる道具や機械をつかさどる神様に祈りを捧げる日です。

 


オフィシャルにはお休みではありませんが、工場内には祭壇が設けられ色とりどりの花々に果実、野菜が備えられ、祭事を取り仕切る僧侶を呼びプージャ(祈りの儀式)が執り行われます。

 

 

道具であるハサミ、定規、針、機械であるミシン、アイロンとありとあらゆるモノに感謝の祈りと花を捧げます。

 

 

こういった仕事に携わる人々はイスラム教の人が多いと聞いていたのでヒンドゥ教の神さまに人々が集うことにふと疑問が生じましたが、同じ土地に長きに渡り受け継がれた仕事は宗教の壁を越えたところでこのようなカタチで今に至っているあたり、インドが多民族国家であることを改めて認識しました。


そして祭壇の前にはベンガル布の代表的な手ぬぐい“ガムチャ”が鎮座しているのでした。

 

 

Y

西ベンガルの村々とカディー

インドの手紡ぎ・手織りのコットン布をカディーといい、その薄い風合い、着心地の良さから、世界中で根強いファンの方がいますが、この暑さで日本のファンの方もじわじわ増えているような気もします。

 

私たちは、カディーの中でも西ベンガル州で織られている薄くて繊細な生地をとても気に入って、現地のソサエティ(村単位での生産団体)をネットワークで結び、販売・マーケティングを支援する現地パートナーと一緒に、デザイン企画・生産を行っています。


私たちも月に1回ほど西ベンガルに行きますが、村々を回るのは本当に大変です。私たちの現地パートナーは、コルカタから3時間近く電車に乗って、2時間近く車に乗って、中々あかない踏切を待って、飛び出す牛やアヒルの群れを除け、、、漸く村に辿り着きます。彼らは、そんな村々を繰り返し訪問し、オーダー内容をしっかり伝えて、再び村村からサンプルを集めて、また訪れて、冠婚葬祭やお祭りや病気や雨で、スケジュール通り進まないのが常の生産の進捗の様子をみて、製品を回収します。


ときには、織人さんの健康状態や経済状態を気遣い、オーダーを少なくしたり、多くしたり。複雑な織りが得意な織人さんがいる村や、新しいデザインにチャレンジしたがる織人さんがいる村もあります。私たちとの企画を固めたら、彼らはそのオーダーをベストな村に詫します。


彼らの頭の中には、完全に西ベンガルの機織り村の地図ができあがっているのです。そして後継者層の分布も。これは一番難しいテーマでもあります。この話はおいおいまたお伝えさせていただきます。


写真は、出来上がってきたカディー。きれいなオフホワイトとインディゴのストライプ(左側)から、土臭さが残るアイボリーとインディゴのストライプ(右側)まで。


糸を準備し、染めるのも、織るのも、集中化されておらず、村々でやっているので、同じオーダーの製品も色や柄にもばらつきがでることもしばしばです。センターをつくると、均一化でき、品質は向上するかもしれませんが、今まで村の中だからこそ家から通いながら続けられた女性たちのシゴトがなくなってしまう可能性もあります。


手織り布にまつわるシゴトは原則村の中で、というのが、「チャルカは村という太陽系における太陽だ。チャルカが回っていると、村にさまざまなシゴト(手紡ぎや整経、染め、織り、洗いなど)がもたらされる」といっていたガンジーさんの教えそのものなのです。


そんなわけで、私たちのお届けする布は、ひとつひとつ、少しずつ色や柄が違うこともありますが、そんなことからも広大インド、西ベンガルの情景を、村のシゴトを想像していただけるとうれしく思います。


F

 

インドに帰って

インドに帰ってきました。


帰ってきてからあっという間にもう5日も経っていて、日本での日々が遠い昔のようです。マサラやら、砂埃まみれの熱風やら、オートリキシャの運転手の汗のにおいなんかにまみれているうちに、いつのまにやらインドに溶け込んでいきます。


今回の日本ツアーでは、製品がなかなか届かなかったり、イベント前は家族総出で準備しなきゃならなかったり、ハラハラすることの連続で、ずいぶん皆様にもヤキモキさせてしまいましたが、とにかく、何とか、村でつくられたインド布たちを日本のお店で紹介することができてよかったです。(まだ届いていない商品もあったりしますが!)


イベントでお世話になったお店やお客様とも直接いろんなお話をさせていただくことができて、また、いろんなお声をきくことができて、小さなスタートですが、このCALICOの活動をはじめてよかった!と何度も何度も思いました。


これが、インドで、日本で、いろんなかたちで布や衣に似た思いをもった人々を巻き込み、つながっていく、息の長い活動になっていくように頑張らねばと思います。何事も日本のようにスムーズにはいきませんが、それすらも楽しんで、そんな思いを布にのせていきたいものです。


 

F

羊のなる木

こんにちは。ただいま日本行商ツアー中のCALICOです。

 

インド布の歴史のつづき。インダス文明から時代は流れて、紀元前10〜3世紀のお話です。

 

ときのインドは、マウリア朝の時代。綿、羊毛、大麻、麻、絹(当時は中国から輸入)などの織物の生産がされていたようで、紀元前10〜5世紀のヴェーダの教典にもインドの布についての記述がみられます。アレクサンダー大王の東征を経て、インド布はギリシアやペルシアといったヘレニズム世界に広く知れ渡ることになりました。

 

紀元前3世紀、マウリア朝チャンドラグプタの秘書官も、その記録に「織物はもっとも重要な交易品である」と残し、かのヘロドトスは、「インドには羊毛の実をつける木があり、それは羊を超える美しさと素晴らしさだ」と褒め讃えています。

 


上の画は、ヘロドトスが褒め称えたインドの綿。木から羊が生えてきています。想像力が豊かなような、豊かじゃないような・・・。

 

出典:History of Indian Textiles / Calico Museum of Textiles
画像:Wikipedia

 

F

 

ベンガルで想う

ベンガルからデリーに帰ってきました。

 

デリーでは、布や製品の品質管理はもとより、生産や納品のスケジュール、キャッシュフロー管理に追われ、目先にばかりキモチが向かいがちだった最近。(皆様に喜んでいただくため、ご迷惑をおかけしないためにはとても大事なことなのですが。)

 

自由闊達な空気のベンガルに入るといつもそうなのですが、今回も、現地の生産パートナーや、領域は異なるものの現地で素晴らしい活動をしている日本のNGOの代表の方とお話しして、経営者として、布や製品と同じように、事業そのものもこだわりをもって育てていきたいというキモチを新たにしました。

 

布や製品がアートであるならば、事業そのものもアート。(持続のためにサイエンスが大事なのはいうまでもなくです。)そんなことを再認識する、収穫の多い今回のベンガルツアーでした。

 

皆様におとどけする布もすくすくと実りつつあります。CALICOは、布を媒介にして、インドの農村に誇りと持続的な産業をもたらし、日本人に本来備わっていた衣に対する豊かな感性を呼びおこし、生活を楽しんでもらうための事業です。約1年の準備・研究期間を経て、いよいよこの春から活動を本格化していきます。お楽しみに!

 

 

上の写真は、タッサーシルクの糸を紡ぐベンガルの女性達。チャルカ(手紡ぎ車)もガンジー時代からいろいろ進化しています。

 

F

インダスのミツバ印

中南米と並び、世界の綿花の原産地といわれるインド。

 

その歴史はとても古く、紀元前5千年から3千年頃には、インダス川流域で綿花栽培、綿織物の生産がはじめられていたそうです。紀元前2500〜1800年ごろのモヘンジョ・ダロ遺跡(現在のパキスタン)では茜染めの布片が出土しており、それが確認されている最古の布片だとか。同遺跡から出土した神官像には、今みても斬新・大胆なミツバ文様の布が刻まれています。

 

 

マジメな顔してポップなミツバ柄の布巻いている、このコントラスト。これは当時一般的な柄だったのか、この神官が好んだトレードマーク(ミツバ印)だったのか。今となっては知るすべもありませんが、現代インド人にも引き継がれる豊かなアソビゴコロを垣間みるようです。

 

出典:History of Indian Textiles / Calico Museum of Textiles
画像:Wikipedia

 

F

インド布の歴史 プロローグ

新年あけましておめでとうございます。

 

今日は奈良で、来週の神戸大学でのセミナー「インドの布の世界」に備えて準備をしています。今回、インドの布の歴史を改めて整理してみました。実に実にパワフルです。日本とのつながりも断片的に分かっていたことがいろいろ繋がってきました。

 

インドに布(キャリコ)がなかったら、イギリスも日本も産業が発展していなかったかもしれない

 

インドのようなキャリコを作れるようになることが産業革命の動機になったのです。

 

インドに布(キャリコ)がなかったら、インドは侵略や搾取に苦しまなかったかもしれない

 

17-18cのヨーロッパや日本で人気を博したのは、絹ではなくそれよりも高価な花文様や縞模様のインド綿でした。各国の東インド会社はインドを布の供給地・消費地とし、ヨーロッパの帝国がインドの植民地支配をするきっかけを与えました。

 

では、今、インドに布(キャリコ)があったとして、それはこれからインドやセカイ、ニホンにどんな影響を与えるか。

 

今回、日本に帰ってきて、手紡ぎ・手織りの布をグルグル巻いてくれたひとびとの楽しい表情を思い出すと、何かいい兆しを感じます。そして、機織りの音が幾代にも亘って侵略や搾取に遭い続けたインド人の精神を安定させてきたように、それを使う人の気持ちをも和らげ、美しい調和のとれた生活に欠くべかざるものになっていくような気がしています。これから、ブログでもインドの布の歴史を少しずつ紹介していきます。

 

更紗 17世紀 Victoria & Albert Museum 所蔵

 

F

カディーへのおもい


乾期に入った北インドに位置するデリーは朝晩ぐっと冷え込む季節になってきました。インドではこの時期はお祭りや結婚シーズンにあたります。

 

冠婚葬祭は奮発して着飾る習慣が根強く残っているインドでは、サリーを含め豪華な装飾を施し洋装にアレンジした現代版民族調ドレスなどで彩られています。一方で大量生産の洋服も増えて、温もりのある伝統的な装いは廃れつつあります。そんなインドの装いの歴史において無視できないのが、カディーといわれる手紬・手織りの布です。


私を含めカディーに魅せられる人は多いです。かのインド建国の父と呼ばれたマハトマ・ガンディーが当時インドを植民地支配していた英国製の機械織りに対抗し、自分たちでも布を織れるようにと普及に努めた布カディー(Kadhi)は今でもインドの人々に愛され続けています。

 

 

ガンディーが晩年に腰に巻いていた白い布もカディーでした。

 

インドには他の多くの国が失ってしまった古来の文化に根付いた素晴らしい手仕事の技術を持った職人さんがたくさんいらっしゃいます。気の遠くなるような手間ひまをかけて仕上げたものは本当に素晴らしく、芸術品に相当するものも少なくありません。しかし時代の波に押され、短期間で効率的に大量生産ができない上に均一に品質が保てないという理由で敬遠されているのも事実です。

 

こちらに住んで実際にコットン栽培の農家を訪れ畑に綿花の実がなり収穫される様子を見ていると、それらが糸になり生地になり‘洋服’というかたちになって日本のみなさんの手元に届くまでに実に本当に多くの人が関わっていることがわかります。

 

私にできることはインドでカタチにすることとインドと日本の皆さんをつなげるきっかけを作ること。CALICOではモノづくりを通してそれらのプロセスをもっと多くの方々に知ってもらえたらと思っています。

 

 

Y

カンタ刺繍の村 Muslim Shekh家

ベンガル4日目。2軒目の訪問となるのが、豊かな田園の中にあるMuslim Shekh家。

 

こちらはよく喋る肝っ玉お母さんがすべてを取り仕切っている様子。NGOのアショクさん、買い取り交渉で詰められているようです。笑(アショクさんはバイヤーです)ただただ見守るお父さん。

 

カンタの腕前もピカイチです!

 

地元大学に通うかなこさんにお母さんの作品をきてもらいました。

まさにベンガルの姫。

 

 

お母さんにそっくりな娘さん。

 

なんて・・・女系家族的記念撮影!

 

「ベンガルは関西ぽい」と常々思っているのですが、お母さんには大阪あたりで以前あったことがある気がしてなりません。とってもベンガルらしい、明るいご家庭でした。通常村ではこちらから質問することが多いのですが、ここではお母さんと娘さんが、わたしたちが分かろうと分かるまいと気にもせず、ニコニコ笑いながらベンガル語でたくさん話しかけてくれました。インドにきて灼けて大分黒くなっているのですが、お母さんと娘さんに「白い」「白い」と随分いわれました。

 

F

カンタ刺繍の村 Ismile Shekh家

ベンガルツアー4日目。私たちのパートナーである現地NGOのアショクさんと共に、カンタ刺繍をつくってくれるパートナーが住むいくつかの村を訪ねました。

 

まず訪問したのはShekhさん一家。長男、次男、三男と彼らのお母さんと奥さん、子供達、合わせて15人の大所帯でした。それぞれの奥さん、4人がカンタ刺繍をつくっていました。(数が合わないのは長男に2人奥さんがいるからでした。ムスリムの家ではよくある話です。)

 

写真左から次男の奥さん、Sarina Bibiさんと、三男の奥さん、Mariam Bibiさん。

 

Sarina Bibiさんはベンガル語でグリラムといわれるランニングスティッチ(ノクシカンタの場合空白部分に縫われているやつです)、Mariam Bibiさんはチェリ(楔模様の刺繍)やティップ(丸刺繍)などのやや複雑なスティッチが好きだそう。

 

下の写真は、長男の第1婦人 Sahajatikathuさん。州から表彰されたカンタ刺繍暦25年のベテラン。写真は模様の下絵をトレースしている様子。

 

Ariabecomさん。長男の第2婦人。彼女もグリラムがすきだそう。

 

どのカンタ刺繍を選ぶか交渉中の長男IsmileさんとNGOのアショクさん。こちらの家ではカンタ刺繍を商うのは男性の仕事となっています。

 

15人家族を温かく見守るRokiya Bibiおばあちゃんです。

 

女性の部屋にはステキにカゴが飾られていました。用の美。

 

皆で記念撮影。一家の長らしく真ん中に座っているIsmileさん。でも、一番テレていたような。。w

 

最初は緊張していた家族もやがて打ち解けて。談笑する日印女子たち。ユキさんの隣は、今回同行してくれた地元大学で染色を学ぶかなこさん。

 

最後は名残り惜しく。

 

F

ノクシカンタ

カンタ刺繍のデザインは奥が深く、ベンガルに行く度に新しいデザインの発見があります。

 

元々はシンプルにチクチク縫られた、日本の刺し子のような素朴な布が好みだったのですが、最近はインドの風土の影響か、大きな花柄や鳥の文様が縫い込まれたデザインの美しいものも気になって仕方がありません。中でもデザインの空白部分にラインスティッチ(ベンガル語でグリラン)を施してあるものをノクシカンタ(ノクシはベンガル語でデザインの意味)といいます。

 

ノクシが入っていると調和と華やかさが増します。

 

白もステキです。

 

鳥の文様です。

 

以上はすべて、New DelhiのブティックホテルTHE ROSEにて今月29日まで展示販売中です。

 

F

カンタの定番 ラリーキルト

日本人には馴染み深い刺し子の刺繍。インドにも様々な種類の刺し子の刺繍が存在し、それらはカンタ(Kantha)と呼ばれています。これから様々なカンタを少しずつご紹介させていただきます。

 

写真はコットンのスティッチカンタ(Stitch Kantha)、あるいはラリーキルト(Rally Quilt)とも呼ばれます。バングラデシュ、西ベンガルなどベンガル地方を中心に、幅広い地域でつくられています。

 

カンタは元々は着終わった古いサリーを合わせて、再利用する目的で各家庭でつくられているものです。カンタにすることで丈夫になり、赤ちゃんのおくるみやラグ、ベッドカバーなど、様々な用途で使われます。写真は、ベンガルの農村の軒先にかかっていたジャムダニ織サリーのカンタ。

 

家々の記憶をもった布たちを合わせたカンタは味わい深く、いろんな想像をかきたてられます。写真は、コルカタのカリー寺院のプールにかかっていたカンタ。

 

 

最近は最初から売る目的でつくられているカンタも多いですが、こういうカンタこそ生活にとけ込んだカンタの中のカンタともいえます。

 

F