デリーの銀座 (1)

Gandhi Jayanti(ガンディー生誕日)の前日のこと。 なかなか来られなかった銀行に駆け込むため、久々のCP(コーノントンプレース)へ。 初期駐在員時代にオフィスがあり、毎日通った場所でもある。デリーの銀座だよ、と、インド人にいわれ、どこが...笑 と思っていたが、今のインドに馴染んだ私の目には銀座に見えなくもないと思う。 ほったて小屋状態で、一切手紡ぎの生地を扱っておらず、絶望させられたKhadi Bhawanも、今ではBig Bazaar(インドの大手流通)のような外観に。(注: 彼らは村の経済のために作られた布は全てカディーと主張している) その前で、動かない、鋼鉄のチャルカは、Khadi Bhawanと同じく、今のカディーを取り巻く政治的な状況を表しているかのようである。 #khadi #gandhi #india #cp #delhi #calicoindiajp @calicoindiajp

Fumie Kobayashiさん(@fumie_calico)がシェアした投稿 -

装いの愉しみ

makuやキヤリコの服は、遊牧の民やムガール時代の装束に着想を得たものも多いですが、女性らしいとされるたっぷりのギャザーや腰高の切り替えも、元々は砂漠や山岳地帯の男性が取り入れてきたデザイン。 機能だけではつまらない。慣習を軽々と超えて、概念を新しくするのはファッションの役割。 そして、それを嬉々と愉しんで下さるお客様がいらっしゃることは嬉しきこと。 シンプルなこころで、布と装いを楽しまれる会社員のS様。いつもありがとうございます。 皆さまも是非こころを弛めて遊ばせにいらして下さい! #fashion #origin #roots #borderless #beauty #fashionbutfashion #maku #fukugido #calico #calicoindiajp @makutextiles @fumie_calico @fukugido @fukugido_staff

CALICO_indiajpさん(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -

Autumn in Blue Green - フクギドウ(六甲)

この投稿をInstagramで見る

Autumn in Blue Green, at Fukugido フクギドウ, Rokko Kobe. いつもの試着大会がはじまり、楽しい関西弁と興奮の渦に、誰がお客様か、誰がお店さんか分からなくなるフクギドウさんの朝。 おかげさまで、東京から関西入りしたばかりの小林も、すぐ関西弁に戻りました。 makuの鉄染めのドレスをはじめ、秋色の緑アジュラック、デニムカディのパンツ、カディの羽織など揃えております。 201号室で、10月5日まで。 #fukugido #rokko #kobe #maku #makutextiles #ajrakh #indiantextile #calico #calicoindiajp #travelingcalico @makutextiles @fukugido @fukugido_staff @sufiyankhatri @fumie_calico

CALICO_indiajpさん(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -

キヤリコ展 - 松屋銀座7階デザインコレクション

この投稿をInstagramで見る

まだまだ夏のような暑さが続く中、松屋銀座さん7階デザインコレクションでのキヤリコ展、初日から沢山お越しいただきましてありがとうございました。 写真は、普段世田谷区か、インドか、フドキさんでの展示会、でしかあまり見かけることがない印度料理人 Eさん。 やはり、西の布(アジュラック)でできた服をお求めいただきました! ありがとうございました。 8階「銀座 手仕事直売所」も大賑わいでした。最近イベントをご一緒させていただいたばかりのヤンマさんやタマキニイメさんにも素敵な作品が揃っていました!是非、併せてご覧ください。 8階銀座 手仕事直売所は16日(17時)、キヤリコ展は7階デザインコレクションにて24日(19時)まで。 #thankyou #matsuyaginza #matsuya #ginza #maku #makutextiles #ajrakh #sufiyankhatri #handloom #bengal #kutch #qasab #kalacotton #khamir #calicoindiajp #calico @amicurry @makutextiles @sufiyankhatri @fumie_calico

CALICO_indiajpさん(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -

Manisha & Shreya

ある日のデリーアトリエ。 フォトグラファー在本彌生さんによる、定番服、新しい服の撮影。 モデルは、若きテキスタイルデザイナーのShreyaと、アーティストManisha。 大好きな友人たちが着てくれて、一層嬉しい撮影となった。 私の余計なおしゃべりが止まず、笑って何度もキメ顔が崩れてしまうShreya。... 彌生さん、邪魔してすみませんでした。笑 皆さま、どうもありがとうございました。 Thanks so much for your participation...! Manisha & Shreya. #endaugust #yayoiarimoto #shooting #gratitude #shreya #manisha #calicoindiajp #calicotheatelier @yoyomarch @lala.74 @manisha.parekh @calicoindiajp

Fumie Kobayashiさん(@fumie_calico)がシェアした投稿 -

Warp and Weft 2019 in 東京

ワーペンウエフト in tokyo。 初日は雨の中、トークにお越し頂きありがとうございました! 小林(注:関西人)が、ヤンマ産業のナナさんにツッコミを入れつつ進めるスタイル (更にもっと喋りたかった様子を滲ませて終える...笑) が、やや定着してきましたが、今年も、燻製の美味しい名店クラクラさんを会場に、楽しく美味しいひとときでした。練馬の皆様、どうもありがとうございました! キヤリコは、引き続き9/3まで石神井公園駅近くのknulpAAさんにて展示いただいております。 写真は、イベントの締めに、参加者がワーペンウエフト!の言葉と共にやる(やらされる)Wポーズ...笑 #warpandweft #ワーペンウエフト #yamma #knulpaa #tokyo #nerima #shakujiikoen #calicoindiajp #calico @shakujiicracra @itohensarasa @yammakko @copse_copse_copse @machida_knulpaa @_warp_and_weft_ @fumie_calico

CALICO_indiajpさん(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -

LIVING BLUE からの便り

バングラデシュの朋友 living blue Mishaelからの嬉しい便り。 今年、デリーでサンプルを確認しようと送ってもらったら、税関で止められる事態に。 うちからと、あちらからと、何枚のレター、証明書、嘆願書?を書いたことか! 隣のくになのに、この難しさ。 結局税関で没収の憂き目に。 悲しい。 作る手間を考えると、こちらのこんな手間は、知れている。 そんなことで時間もかかったが、無事いろいろなことを乗り越え、1年以上ぶりに共同企画の品々が、続々やってきます! #aglimpse #newtradition #bangladesh #rangpur #bengalquilt #powerofladies #indigodye #livingblue #calicoindiajp #calico @mishaelahmad @calicoindiajp

A post shared by Fumie Kobayashi (@fumie_calico) on

8月15日の夜

カッチの光景

Raja Acharの工房

Shrujan(刺繍) x CALICO(服)

living traditionという考え方の元、それぞれのコミュニティの伝統刺繍を現代に伝え、進化させるNGO Shrujan。 刺繍をあしらった衣服のプロジェクトに向けて、いろいろなサンプルを作っているところ。 刺繍が大好きで、自らも刺繍を嗜むデリーのスタッフに見せたところ、悶絶。暫く興奮が治まらない。 ここから、いよいよ日本のキヤリコが関与する意味を考えつつ、次の伝統に相応しい、企画、デザインにおとしていく。 日本でお披露目できるのは早くて来年になる予定。 1枚目 Ranjanによるスーフ刺繍。2枚目 Marianbhaiによるムトゥアパッコー刺繍。3枚目 Aukola Bha Jadejaによるソーダパッコー刺繍とNasimabhaiによるムトゥアパッコー刺繍。 Shrujan(刺繍) x CALICO(服) #shrujan #livingtradition #livingembroidery #mutwa #mutwapakko #sodhapakko #soof #kutch #kachchh #calicoindiajp #indiantextiles @shrujanindia @lldcshrujan @sandhyajadeja @calicoindiajp

A post shared by Fumie Kobayashi (@fumie_calico) on

Vankar の Shamji 氏 (3)

Vankar の Shamji 氏 (2)

前述のShamji氏は、もちろん織り師であるのだが、個人的な興味から始めたという染めの仕事がかなり深くて面白い。 染め職人のカトーリーが出来上がった生地を捺染したり、絞染したりする(後染め)に対し、彼らは原則自ら染めた糸を織っている(糸染め)。堅牢度も比較的高い。 写真1枚目は、藍染の工房。デーツを使って発酵、還元を進める。 2枚目は、工房の外観。最初は藁葺き屋根と藍甕しかなかったのに、訪れるたびに少しずつ進化している。 3枚目は、今取り組んでいる様々な黄色のひとつ。マリーゴールド。 4枚目は、植物染でそめた糸で織った作品。5枚目は、Shamji Vishram Valji氏。 @bhujodi_sarees_

A post shared by Fumie Kobayashi (@fumie_calico) on

Vankar の Shamji 氏 (1)

Bhujodi村のVankarといわれる織り師の方々。 元々ラバーリーと共にラージャースターンから移住してきた彼らは、ラバーリーの飼う羊や山羊、ラクダの毛で織物を作り、ラバーリーやアヒールなどのコミュニティに供してきた。 現代では、インド国内市場に向けて、メリノウールのサリーやドュパッタなどを中心に織物を手掛けている。 そんな中、Shamji Vishram Valji氏は、カラコットンや元々ラバーリーが飼っているシープウールでの作品づくりにも意欲的である。 今冬は、Shamji氏と共同開発したウール生地を使ったコラボアイテムをはじめてご紹介する予定だ。 #shamjivankers #shamjivishramvalji #vankar #bhujodi #handloom #malwarisheepwool #kalacotton #calicoindiajp @vankar_vishram_valji @bhujodi_sarees_ @calicoindiajp

A post shared by Fumie Kobayashi (@fumie_calico) on

ローガンアート