アジュラックの工房にて

とあるアジュラックの工房にて。 その工房では、伝統的な染布であるアジュラックだけでなく、カッチで地元の方たちがよく使っているナイロン+スクリーンプリントのルマール(ターバン)も作っているという。一枚160ルピー/約250円。 本来身につけるべき方々が身につけず、都市に住むインド人と外国人が所有する贅沢になってしまったアジュラック。 大都市や海外に市場を見出したアジュラックが復活し、職人たちが更なる誇りを取り戻したことは素晴らしいが、そのアジュラックはすでに元の姿ではない。 それは、多くのインド布についていえること。 #localajrakhtoday #screenprint #synthetic #classic #cultualcontrast #kachchh #kutch #calicoindiajp #calico @calicoindiajp

A post shared by Fumie Kobayashi (@fumie_calico) on