アルチャナの作品

デリーに戻った翌日、アルチャナがやってきて、久々の長いミーティング。新しい共同作品の確認とともに、彼女の出発点となったオリジナルの作品やそのルーツともなる彼女の母、祖母の手による、ミティラー画の影響も感じる作品を並べて。 一時は、閉鎖的な村で、妬みのような圧力で目立った活躍ができなくなり、塞ぎ込んでいたアルチャナだか、いろんな支えがあり、すっかり元気になって活動している。 CALICOもただ美しき刺繍の仕事をつくる、というところから一歩踏み出て、一アーティスト、先駆者としての彼女のこれからに一層寄り添いたい。 作家性の高いオリジナルの作品、伝統をさらに掘り起こすような作品。カッチやバングラデシュでの取り組みを事例にいろんな可能性を話した。 そんな彼女の村には数多の女の子、子供たちがいて、彼女のことを期待と憧れをもってみているはず。 最後の写真は、インドのcraftの本に収蔵されている彼女の作品。アノニマスの作品として扱われ、名前はない。 #archanakumari #aunam #bihar #onedayafternoon #calicoindiajp #calicotheatelier #calico #sujuni

A post shared by Fumie Kobayashi (@fumie_calico) on