サリーのパッチワーク

2013年、奈良の小さなホテル「奈良倶楽部」さんで開催されていたポジャギ展に出かけた。インドに住んで3年以上が経ち、たまにいる日本でインド以外のものを目にしたくなった。

 

ポジャギは、韓国の苧麻のハギレを少しも粗末にせず大切に繕ったパッチワーク。韓国の伝統的な布の仕事である。その精緻に重なる裂の愛おしさにクラクラした。興奮している私をみて話しかけてくださった方が、その展を主催されたポシャギ作家の中野啓子さんだった。

 

その頃キヤリコは、今よりもずいぶんサリーの生地を使ったお洋服をやっていた。糊のついた強張ったベンガルのコットンサリー。どんな端切れも素敵で、捨てずにとってあった。それを中野啓子さんにお渡しし、サリーのハギレでポシャギを作っていただくことになった。


それは贅沢な一品となり、急遽京都のジャワ更紗イシスさんでの展示会に飾っていただくことになった。

 

中野啓子さんとサリーのハギレで作られたポジャギ


そして、それに刺激を受けたキヤリコでもサリーのパッチワークを作りたいと思うようになり、MAKUにサンプル生産をお願いした。(当時のMAKUはまだまだ生産キャパに余裕があり、受託の生産も受けてくれた。今はこのサリーパッチワークを除いては行っていない。)

 

ポジャギが、布を重ね両側の接面を手縫いする、非常に手間のかかるものであるのに対し、こちらのパッチワークはミシン縫いで作られる。本家のポジャギに敬意を表してこちらのものはサリーパッチワークと呼んでいる。

 

白のサリーパッチワークは特に日本で人気である。ただ、ベンガルでは寡婦が着るサリーとされ、農村でもその習慣が廃れるに伴って入手が困難になってきている。

 

水洗いを数回行っても糊がまだ少し残り、張りがあるので、ポジャギに似た質感を楽しめる。

 

白のサリーパッチワーク


MAKUの工房で、丁寧にインド藍で染めたものは柔らかく、使って水通しするごとに、色がくすみ、褪めていく。その過程もまた美しい。

 

元のサリーに、赤や黄色の透かし織が入っていたりすると、その部分だけ紫や緑にかかった色となり、ほんのりした鮮やかさを楽しめる。作品によって、随分色域が違うので実物で見比べていただきたい。

 

photo by Yayoi Arimoto

 

サリーパッチワークは 大判の多目的布(150cmx220cm)と ストール(100cmx200cm)で展開しているが、多目的布もショールになるし、ストールも多目的布になる。(上の写真は多目的布)

是非あまり名前を気にせずお使いいただきたい。一番のオススメは、窓辺に飾り様々な意匠で織られた柄を透かして眺めることだ。

 

徳島の遠近さんの店内で、光を受けて風になびく様子


ときどき選ぶサリーの色目が変わるのも楽しい。

 

2017年に登場した赤白サリーのシリーズ


サリーパッチワークシリーズは、ベンガルの日常の表情を少し生活に取り入れてみる試み。

そのときどきに少しずつ変わる作品を楽しみにしてください。

 

F