インド布の歴史 プロローグ

新年あけましておめでとうございます。

 

今日は奈良で、来週の神戸大学でのセミナー「インドの布の世界」に備えて準備をしています。今回、インドの布の歴史を改めて整理してみました。実に実にパワフルです。日本とのつながりも断片的に分かっていたことがいろいろ繋がってきました。

 

インドに布(キャリコ)がなかったら、イギリスも日本も産業が発展していなかったかもしれない

 

インドのようなキャリコを作れるようになることが産業革命の動機になったのです。

 

インドに布(キャリコ)がなかったら、インドは侵略や搾取に苦しまなかったかもしれない

 

17-18cのヨーロッパや日本で人気を博したのは、絹ではなくそれよりも高価な花文様や縞模様のインド綿でした。各国の東インド会社はインドを布の供給地・消費地とし、ヨーロッパの帝国がインドの植民地支配をするきっかけを与えました。

 

では、今、インドに布(キャリコ)があったとして、それはこれからインドやセカイ、ニホンにどんな影響を与えるか。

 

今回、日本に帰ってきて、手紡ぎ・手織りの布をグルグル巻いてくれたひとびとの楽しい表情を思い出すと、何かいい兆しを感じます。そして、機織りの音が幾代にも亘って侵略や搾取に遭い続けたインド人の精神を安定させてきたように、それを使う人の気持ちをも和らげ、美しい調和のとれた生活に欠くべかざるものになっていくような気がしています。これから、ブログでもインドの布の歴史を少しずつ紹介していきます。

 

更紗 17世紀 Victoria & Albert Museum 所蔵

 

F