研究会での活動報告

昨日は、岡山大学の中谷文美先生にお声をかけていただき「伝統染織品の生産と消費-文化遺産化・観光化によるローカルな意味の変容をめぐって」というテーマの研究会でキヤリコの活動を報告させていただきました。 キヤリコのアジュラックソニドレスを着てくださっていた金谷美和先生は、アジュラックの変遷についてお話され、改めてのアジュラックの未来、カトリーの方々との協働について考えるヒントをいただきました。 また、キヤリコのカディを使ってくださっているMITTAN三谷武さんは、ひとと服の関係を再構築するMITTANのこれまでの活動についての報告をされ、改めて一緒にお仕事をさせていただく嬉しさを噛み締めました。 写真1: みんぱくの上羽陽子先生が最近上梓された「現代手芸考」...なぜ人はものをつくるのか。表紙は野田涼美先生の作品。 2: 発表される三谷さんとzoom会議を進行された上羽先生。 3: みんぱくの中庭。インドを思い出す。 #minpaku #mittan #nationalmuseumforethnology #calicoindiajp #calico @minpakuofficial @mittan.asia @calicoindiajp

CALICO_indiajp(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -