カンタ刺繍の村 Krishna Kisor家

久々のカンタ刺繍の村。

 

秋晴れの中、コルカタから電車で3時間、車で2時間かけて訪れました。電車の中は、ガムチャ売りのおじさんに、ハーモニウム(リード・オルガン)を弾くおじさん。哀愁たっぷりで、ベンガルにいるって気にさせられます。

 


道中はいろんなアニマルたちとすれ違います。小さなヤギや犬が道路で立ち往生していることもしばしば。この辺りの運転手は動じることなく上手に除けていきます。

 


カンタの村といっても、カンタ(刺繍)だけでありません。生地そのものを織るために、生糸をひっぱり(写真奥)、繰るところから村の中でやっています。


彩色を施す人も。今回であったビューティたち。


もはや、神秘です。


 

 

村の中で布への彩色や刺繍を手掛ける工房をやっているKrishnaさん一家。


彼は元々刺繍などを教える学校の先生でした。彼のデザインしたものも多いです。村の若者中心に、22人もの人が彼の家で働いています。今回は、日本でカンタ刺繍を扱いだしたわたしたちが、これまで日本のお客様たちからいただいてきたさまざまなリクエストや期待を彼らに託してきました。


ただ、これまでも同じように託してきたのですが、時間がかかるうえ、作り手さんたちがそれぞれ作りたいものがあって思った通りにいかないことが多いのも事実。作りたいものを作るからこそ、あのチクチクの根気に耐え、素晴らしいものに仕上がるとも思います。実際、わたしたちが頼むもの以上に、涙を流したいすばらしいデザインが本当にたくさんあります。


彼らが伝統的にやってきていること、創意工夫でやってきていることと、人々がほしいと思っているもの(サイズやクオリティ、ちょっとしたテイストや趣向など)の交差点で、一緒に新しいアートプロダクツを生みだしていけたらステキだなあと思っています。


何か月か先には日本の皆様のお手元にも届くと思います。お楽しみに!


F