texture of the day: Bakhia Stitch by Dhebariya Rabari ladies

この投稿をInstagramで見る

Kala Rakshaが手掛けるDhebaria Rabariのバキアステッチ。 同じDhebaria Rabariの刺繍で、同じようなモチーフでも、キヤリコが、QASABと取り組んでいるアップリケ刺繍とは、表情が随分と違います。 こちらは元々男性のジャケットなどによくあしらわれてきた刺繍表現です。素朴で、軽みの美しさがあります。 デリーのアトリエにも冬は同じクッションカバーがありました。 (ああ、アトリエは、今どうなっていることでしょう!) 私たちがみると、中央に「田」と読めてしまいますが... 笑、錯覚ということにしておきましょう。 こちらは、Gaam no Otlo project @gaam_no_otlo でご紹介しています。 キヤリコのオンラインサイトにもアップいたしました。 Gaam no Otlo Projectは、ロックダウン下のインドで職人が手がける作品や素材商品を、CALICOがデザイン介入をせずにそのままご紹介し、受注生産するプロジェクトです。 #textureoftheday #kalaraksha #dhebariarabari #rabari #cusioncover #kalacotton #handembroidery #indiantextiles #田 #gaamnootlo #calicoindiajp #calico @kalaraksha @gaam_no_otlo @calicoindiajp

Fumie Kobayashi(@fumie_calico)がシェアした投稿 -