グジャラートの旅

ベンガルの村から一転、まったく正反対の西へ飛行機で2時間半かけて着いたのはパキスタンと国境を接するグジャラート州のアーメダバードという街。ガンディーの出身地でもありインド繊維産業発祥の地とも言えるこの地でボンベイ(現ムンバイ)に並び多くの紡績工場が建てられ、綿布の通称であった「キャリコ」が海を渡超えて世界中に渡っていったのです。


布が好きな人、布に関わる仕事に携わっている人であればぜひ一度は訪れて欲しい場所。館内が撮影禁止で写真をお見せできないのが残念!!

 



布をめぐる旅では外すことのできない“ キャリコ博物館 ”はほかの地では見ることの出来ない古くからアラビア海交易によって富を得た藩王や貴族のコレクションやなどインド国中の国宝に値するテキスタイルの数々を見ることができるとっておきの場所なのです。


私設の博物館なので規模は決して大きくはないものの古い貴族の邸宅ハヴェリを移築した趣のある外観と緑に囲まれた敷地も素敵ですが、300年以上を遡るコレクションピースそのひとつひとつがためいきが出るくらい素晴らしい手仕事によるもので学芸員の女性が丁寧に説明してくれます。


限られた時間内でのツアーは名残惜しく何度でも訪れたいと後ろ髪を引かれる思いで博物館をあとにしたのでした。


他にもル・コルビジュエが手がけた繊維会館や有名なデザイナーを輩出しているインド屈指のテキスタイル学科があるNID(National Institute of Design)へ訪問したほかアーメダバードの旧市街をめぐるヘリテージナイトツアーなどなど短い時間でしたが大満喫!!

 

 

じつはおまけがあって、帰りしな学芸員さんがこっそり教えてくれた市街地にあるというアートブックセンターなるものに行ってみたところ...世界中のテキスタイルとアートの本が四方天井までぎっしりの本屋さんで何時間いてもあきない...困った!

悩みに悩んで購入したのがこちら↓

『古渡り更紗』。やはり知りたくなるのは日本とインドを渡った布のこと。どんなに遠くても時間を作って足を使って一流のものを見る時間は必要と再認識、過去の偉人達の技に刺激を受けたアーメダバード旅でした。

 

Y