Gaam no Otlo はじめます 2/3

Gaam no Otlo ガームノオトロ | 設立趣旨 2/3 Gaam no Otlo(ガームのオトロ)は、グジャラート語の村の簡易ベッド(多くの場合ベンチとして使用されます)。どこの村や集落にも、大きな木の下にベッドがあり、そこに主に、男衆が集います。
カッチの布展の際に、来日していた16名の職人・NGOスタッフが、毎日夕方になるとまるで村の中にいるように、低いベンチのようなところに集まり、屯していたところから着想を得たコンセプトです。その後、職人たちは、どこへ行ってもたちまちに屯し、会話をはじめてしまう自分たちの習性に気がつき、自ら笑いながら口々に、Gaam no Otlo…と言っていました。
 CALICOは、これまで毎日のように、スマートフォン、Whatsapp(日本のLINEのようなもの)で、インド大陸のたくさんの職人・生産団体からコンタクトをいただき続けてきました。それは、コロナ禍によりインドでロックダウンが続く今も続いています。 そうした技術が普及する前は、村の溜まり場が、情報だけでなく、互いの経験や知恵を交換し合う機会であり、村というコミュニティを成立させる重要な場所でした。家以外にも、帰属意識を持ちうる社交の場でもありました。それと、全く同じようには参りませんが、Gaam no Otloというページを作ることで、何かこの先の見えない閉塞感を打破しえる希望のような機会をお作りしたいと思いました。 みなさまから、あのようなものが欲しい、こんなものが欲しいというお声を集め、職人さんに届ける目的もあります。 ....つづく(長いので3つに分けてお届けします) #gamnootlo @gaam_no_otlo #letsworktogether #powerofcraft #spiritsofcraft #indiantextle #indiantextiles #artsandcrafts #nagaland #angami #loinloom @woventhreads_kohima #calicoindiajp #calico @calicoindiajp @fumie_calico

CALICO_indiajp(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -