縞と格子の織り場

この投稿をInstagramで見る

タミルナドの原種コットンの復興に取り組むSwaminathanと共に、ストライプとチェックの織り場を訪ね歩く。 手紡ぎの原種コットンを織ってもらうためには、道具や様々な環境を変えて、職人さんにも納得してもらわねばならない。進めていくには、職人さんの関心と熱意が不可欠。 キヤリコのモデルをしてくれているShreyaは、テキスタイルデザイナーでもある。ベンガル出身でグジャラートで学んだ彼女には、タミルナドの機織りが新鮮。熱心に話をききつつ、様々な知見も与えてくれた。 私たちはどこにいても歩くデザイン会議体となる。 #swaminathanvaithilingam #kaskom #stripeandcheck #roots #tamilnadu #travelingcalico #calicoindiajp #calico @swami_vs_86 @kaskom_desi_cotton @shreya.kanoi @fumie_calico

CALICO_indiajp(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -