コットンバッグはタミル語で語る

この投稿をInstagramで見る

コットンバッグのNGOにて。 タミルナドの人にとって、タミル語は血潮。タミル語を読めなくても、それが並んでいるだけで、ゾクゾクする感じは伝わる。 バングラデシュ(東パキスタン)が、ベンガル語を守るためにパキスタン(西パキスタン)と戦争をし、国を分けたように、インドのどの州も、ヒンディー語を第一言語としようとする動きに対しては如何なる妥協もすることがないようにみえる。それがインドという国の美しさ、寛容の国格を表す重要な要素であると思う。 #languageisblood #languageismatter #tamil #tamilnadu #diversity #anightinthevillage #thoughtoncottonbag #talkingcottonbags #kaskom #calicoindiajp #calico @calicoindiajp

Fumie Kobayashi(@fumie_calico)がシェアした投稿 -