Swaminathanと原種コットンの畑

この投稿をInstagramで見る

Even a place like India which claims one of the original places of cotton, now 96% of cotton cultivated there is genetically modified BT cotton from America. Karunganni is the name of indigenouscotton from Tamilnadu. Swaminathan the founder of Kaskom / researcher and promoter of indigenous cotton has started this revival project 4 years ago with farmers who have been convinced the potential of Karunganni for its strength and efficiency in cultivation. They are intercropping it with coriander and karonji to make portfolio and maximize usage of farm land. 何度かご紹介の通り、コットン原産国のインドではその96%が遺伝子組換えしたアメリカ由来のコットンが栽培されている。 kaskomのSwaminathan Vは、一度失われてしまったインドの原種コットンとその可能性を研究し、彼が育ったタミルナドの原種コットンの復興しようと、栽培をはじめて4年。コリアンダーやカロンジなどと混作することで、リスクを分散し、土地の有効利用を図っている。 最初の写真3枚は先週2月のもの。2枚目は、Swaminathan。4、5枚目は12月のもの。コリアンダーをいただき車中で食べた。生野菜が意外とない南インド旅に嬉しかった。 #karunganni #indigenouscotton #organiccotton #tamilnadu #kaskom #swaminathanvaithilingam #desicotton #calicoindiajp #calico @kaskom_desi_cotton @swami_vs_86 @fumie_calico

CALICO_indiajp(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -