カディの国際会議に参加

Attended the conference "Globalization of Khadi"... on Jan 30th & 31st, 2020, in Jaipur, Rajasthan. Adressed on Export possibility of Khadi, from just a simple Japanese designer / importer's point of view, refering cultural and economic scenarios of Tea, Sake, and other crafts like ceramics in Japan, as well as interesting textile history between India and Japan. I believe weavers need to wear what they woven. Without wearing, no inventions, creation will come out. Needless to say, whoever say "I am Khadi fan, I am Khadi promotor" on the stage... you better wear, before talking about Export or globalization... "khadi is not cloth, it is thought" Ghandi ji. Special thanks to @studio_juhi @sridharlakshmana , Rajasthan state, CII and KVIC... Patrika. ラジャースターン州で開催されたカディ会議で、コットン研究者の友人らとともに、茶や酒、器などの日本のクラフトのシナリオをベースに、両国の布の歴史に触れつつ、スピーチさせていただいた。 カディの生産量は前年比200%。ただただ沢山のものが作られるより、素晴らしい品質のものが作られることが必要。 織る人が自ら着ないことには品質は上がらないし、創作やデザインの提案もはじまらない。カディを着てもいないで、カディの普及を熱弁するデザイナーや役人も多かった。そういう意味では、輸出、グローバリゼーションの前に、インド国内でできることも沢山あるのではと心から思った...。 #khadi #khadiisnotcloth #thought #rajasthan #jaipur #conference #calico #calicoindiajp @fumie_calico

CALICO_indiajp(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -