タミルナドゥの染め場にて

この投稿をInstagramで見る

at dyeing unit 染め場にて。 インド国内の藍染料生産のメッカ、タミルナドゥでも、もちろん藍染は行われている。 藍は、ジャグリーと石灰、小麦のフスマで建て、原則化学建ては行わない。 ほかの地域でも良く目にする天然染料、catechuやmanjisitaのほか、Ratanjot(Alkanet。CALICOでも時折デリー近郊でこの染料を用いてグレー色に染めてもらうことがある)や、Sevvarallikodiという木の皮とミロバランで染めたオレンジなどもステキであった。 #naturaldye #southindia #tamilnadu #kaskom @kaskom_desi_cotton #indigo #indigoferatinctoria #catechu #alkanet #ratanjot #sevvarallikodi @sridharlakshmana @swami_vs_86 @leenakapali #calicoindiajp #calico @fumie_calico

CALICO_indiajp(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -