Dastkar での出会い

この投稿をInstagramで見る

日本からのゲストと共にDastkar (クラフトマーケット)に。古参の職人やNGOも多いが、まだ販売する力が弱い、尊い仕事をする職人が選ばれてくることも多く、毎回何かしら嬉しい出会いを果たす。 ベンガルやカッチから来ている職人は、大体どの辺りの村の方々かが分かり、次回また訪問するきっかけに。 その近くには大体すでに取り組んでいる別の職人さんがいるため、彼らとの仕事を続けつつ、新しく開拓していくことになるのだが、両者のバランスは常に気になるところだ。 例えばアジュラックや天然染などは、定番柄は小規模の職人に、古典柄の復興などは余力のある職人に委託したりして棲み分けることで、新しい職人たちを開拓する余地を残そうとしている。 写真は、キヤリコの仕事とは直接関係ないが、アフガニスタンからきたカーペット職人/商人。ある方に頂いた、うちにあるトルクメニスタン製ときいていたカーペットは、アフガニスタン製と知る。 このあたり、特に布においては、むしろ国境のない世界なのかもしれない。 2枚目: イランのアンティークをみせて頂く。 3枚目: おじさんの後ろに写っているネックレスの影が美しく。 #dastkar #newdelhi #afganisthan #iran #borderless #beautifulday #calicoindiajp #calico

Fumie Kobayashi(@fumie_calico)がシェアした投稿 -