texture of the day: Bakhia Stitch by Dhebariya Rabari ladies

この投稿をInstagramで見る

Kala Rakshaが手掛けるDhebaria Rabariのバキアステッチ。 同じDhebaria Rabariの刺繍で、同じようなモチーフでも、キヤリコが、QASABと取り組んでいるアップリケ刺繍とは、表情が随分と違います。 こちらは元々男性のジャケットなどによくあしらわれてきた刺繍表現です。素朴で、軽みの美しさがあります。 デリーのアトリエにも冬は同じクッションカバーがありました。 (ああ、アトリエは、今どうなっていることでしょう!) 私たちがみると、中央に「田」と読めてしまいますが... 笑、錯覚ということにしておきましょう。 こちらは、Gaam no Otlo project @gaam_no_otlo でご紹介しています。 キヤリコのオンラインサイトにもアップいたしました。 Gaam no Otlo Projectは、ロックダウン下のインドで職人が手がける作品や素材商品を、CALICOがデザイン介入をせずにそのままご紹介し、受注生産するプロジェクトです。 #textureoftheday #kalaraksha #dhebariarabari #rabari #cusioncover #kalacotton #handembroidery #indiantextiles #田 #gaamnootlo #calicoindiajp #calico @kalaraksha @gaam_no_otlo @calicoindiajp

Fumie Kobayashi(@fumie_calico)がシェアした投稿 -

Dhebaria Rabari Bag

この投稿をInstagramで見る

Good Sunday morning....✨ 松本、六甲、静岡の各地でキヤリコ展、開催中です。まだ落ち着かない状況の中、足を運んで下さったお客様、遠方よりお問い合わせを下さったお客様に感謝です。 7月には、長崎、東京でも企画展を予定しておりますが、まずは事態の一刻も早い鎮静化を祈っております。 写真は、キヤリコが企画デザインし、カッチのNGO Qasabがコーディネートしてお作りいただいているデバリヤラバーリーのアップリケ刺繍バッグ。 カッチのカラコットン×カッチの織り師による手織り×アジュラック染の残布×デバリヤラバーリーの女性たちによる一点一点オリジナルのアップリケ刺繍、というカッチならではのinterdependency(相互に支え合うしくみ)によってお作りいただいています。 現地でよく似たデザインや、触発されたといって下さるプロジェクトもいろいろ登場しています。Qasabとデバリヤラバーリーの女性たち、Khamirとカラコットンを織るvankarの方々、アジュラック染の職人さんたちとこのような、手仕事のよき流れを作れたことが嬉しいです。 お宝アンティークの宝庫でもあるカッチですが、時が経って尚、よい品になるものを新しく創造するお仕事を志していけたらと思います。 写真1、2枚目は、今年初めてお作りした小さいサイズ。(3枚目が、従来品との比較です。)ロックダウンの影響で、まだ全量が届かず、各会場1、2点のご紹介となります。 (2、3枚目の写真現物は、キヤリコのオンラインでご紹介したもの。SOLDOUT済です) 写真4枚目は、小林の私物。左が初号機、右が二代目です。どちらもよく育ち、今ではだんだん使うのが惜しくなりました。特別なお出かけに使っています。 #thankyou #exhibition #matsumoto #rokko #shizuoka #dhebariarabari #qasab #kalacotton #khamir #vankar #ajrakh #kutch #kachchh #interdependency #livingtradition #indiantextiles #calicoindiajp #calico @pankaj.shah63 @qasab.kmvs @khamircrafts @sufiyankhatri @ibrahim.khatri.545 @tekura_miyairi @tekura2013 @fukugido @fukugido_staff @suguri.nakamachi @fumie_calico

CALICO_indiajp(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -

texture of the day: Handwoven Yardage from Bhujodi

この投稿をInstagramで見る

今年の1月、カッチのBhujodiにあるShamjiの工房にて。 昨冬からコートにお使いしているローカルシープウールの生地を織っていただき、敷地内で干している様子。 他にもShamji自らいろいろな試し織りをしていただきました。 そんなShamji達familyが手掛ける手織りのシルク生地。 Gaam no Otlo project @gaam_no_otlo でご紹介しています。 キヤリコのオンラインサイトにもアップいたしました。 ○ Gaam no Otlo Projectは、ロックダウン下のインドで職人が手がける作品や素材商品を、CALICOがデザイン介入をせずにそのままご紹介し、受注生産するプロジェクトです。 #textureoftheday #shamjivankers #vankarvishramvalji #ashoksiju #rameshsiju_ #bhujodi #handspun #handloom #handwoven #kutch #kachchh #gaamnootlo #indiantextiles #calicoindiajp #calico @shamjisiju @vankar_vishram_valji @dineshsiju11 @siju_7 @calicoindiajp @gaam_no_otlo

Fumie Kobayashi(@fumie_calico)がシェアした投稿 -

Textures of Rabari... coming back soon!

QasabとKhamirと共に、カラコットンとアジュラックの残布を使い、ラバーリーの女性たちにアップリケを施していただくことではじまったCALICOのラバーリーバッグプロジェクト。 久しく在庫がありませんでしたが、コロナ禍をくぐり抜け、一部が日本に届いております。 今回は、多くの皆さまのご要望にお応えして小さめのサイズもご用意。 近日中にオンラインサイトに登場します! coming soon...の予告でした。 #comingsoon #rabariproject #debriyarabari #qasab #khamir #ajrakh #interdependence #collaboration #calicoindiajp #calico

CALICO_indiajp(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -

Kutch Collective Show in New Delhi

この投稿をInstagramで見る

Kutch collective show! has started at Aga Khan Hall from Feb 14th to 16th, 10am to 7:30pm. Pictures are: Bengali Saree and materials meet Kutch embroideries through Shrujan. Desi animals on Desi cotton and wools by Khamir... 本日より16日まで、アガカーンホールにてカッチのクラフト団体によるイベントが開催されています。 CALICOが2018年に企画実行支援させていただいた大阪うめだ阪急カッチの布展をひとつの契機に、協力体制をさらに強くし、団体の垣根を越えての展示販売活動を継続されています! デリーのみなさま、是非覗いてください。 #kutch #kachchh #collective #kutchasrollmodel #indiantextiles #india #agakhan @shrujanindia @lldcshrujan @khamircrafts @kutchcraftcollective @kalaraksha @calicoindiajp

Fumie Kobayashi(@fumie_calico)がシェアした投稿 -

デバリヤラバーリーとのプロジェクト 黒シリーズ

染めと織り師

この投稿をInstagramで見る

in Bhujodi... at Shamji "Khatri“ Vankar and his family place. 藍染のクオリティの高さで、近ごろ話題のShamjiやDineshの家族が運営する染スタジオ。 本職?は、織り師。 染めを代々やるKhatriは、基本生地染め中心で、糸染にはなかなか手が回らないので、それなら自分でやりたいと、25年くらい前にはじめたという。 温度調節に山羊のフンをまいたり、ジヤグリーやデーツのみならず、ハチミツを入れてみたり、彼らの織物と同じようにすごく拘っている。 ShamjiはまるでKhatriだ、と、Khatriにも言われ、一目置かれている。 写真はShamjiの藍甕で染めさせてもらったCALICOのエアリーストール。 #indigo #dyer #shamjivishramvalji #vankar #weaver #khatri #bhujodi #kutch #kachchh #gujarat #indiantextiles #calicoindiajp #calico #CALヰCO @vankar_vishram_valji @calicoindiajp

Fumie Kobayashi(@fumie_calico)がシェアした投稿 -

ローカルシープの毛織物

この投稿をInstagramで見る

Malwari sheep wool goods made by Shamji from Bhujodi Kutch are also exhibiting at Teshigoto Gallery at 7th floor, Hankyu Osaka. カッチにある織り師(Vanjar)の村Bhujodiにて、Shamji Vishram Valjiやその一族、NGO Khamirなどが復興に力を注いでいる、インド原種の羊(ローカルシープ)の毛を使った織物。油分が多く、粗野な印象ですが、動物がそこにいるかのような温かみがあります。 ウールショール一枚あれば、寒い夜でもまだまだコート知らずです。 うめだ阪急7階手仕事ギャラリーにて、12回まで展示販売中です。 #malwarisheepwool #localsheepwool #desiwool #indiantextile #bhujodi #kutch #handloom @vankar_vishram_valji #calicoindiajp #calico

CALICO_indiajp(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -

カッチウールのコート

この投稿をInstagramで見る

With a great support of Shamji bhai, the master weaver from Bhujodi, we have launched Local Sheep Wool Coat line...! 今秋冬のキヤリコの展示会。約2年かけておつくりいただいたカッチウール(マルワリウール、デシウールと呼ばれるローカルシープウールの総称)のコートが初登場です。 ラバーリーの方々が飼っている羊の毛を織るのがそもそものバンカル(vankar)といわれるカッチの織り師のお仕事。この数年、彼らのショールをお持ちするたびに人気なので(注: 動物がいるような、圧倒的な存在感のためと思っている)、さらに撚りをかけ、打ち込みを増やしていただき、縫製に耐えうるレベルにしていただきました。 カッチウールの、その野趣溢るる感じを楽しみつつも、ライナーには、ベンガルの手織シルクウールがあしらわれているので、快適に着ていただけます。 関西は、京都イシスさん(展示は明日17日まで)、関東はこれからご案内する鎌倉ファブリックキャンプさん、名古屋はサハンさんにてご覧いただけます。 *数量限定になります。写真最後(撮影ご協力: @yoshidayahirokoさま、ありがとうございます!) の白は完売し、引き続きインドにて生産中です。 #kutchwool #localsheepwool #desiwool #vankar #shamjivankar #bhujodi #kutch #kachchh #indiantextile #calicoindiajp #calico @kanaisis @vankar_vishram_valji @calicoindiajp

Fumie Kobayashiさん(@fumie_calico)がシェアした投稿 -

カッチの光景

Raja Acharの工房

Shrujan(刺繍) x CALICO(服)

living traditionという考え方の元、それぞれのコミュニティの伝統刺繍を現代に伝え、進化させるNGO Shrujan。 刺繍をあしらった衣服のプロジェクトに向けて、いろいろなサンプルを作っているところ。 刺繍が大好きで、自らも刺繍を嗜むデリーのスタッフに見せたところ、悶絶。暫く興奮が治まらない。 ここから、いよいよ日本のキヤリコが関与する意味を考えつつ、次の伝統に相応しい、企画、デザインにおとしていく。 日本でお披露目できるのは早くて来年になる予定。 1枚目 Ranjanによるスーフ刺繍。2枚目 Marianbhaiによるムトゥアパッコー刺繍。3枚目 Aukola Bha Jadejaによるソーダパッコー刺繍とNasimabhaiによるムトゥアパッコー刺繍。 Shrujan(刺繍) x CALICO(服) #shrujan #livingtradition #livingembroidery #mutwa #mutwapakko #sodhapakko #soof #kutch #kachchh #calicoindiajp #indiantextiles @shrujanindia @lldcshrujan @sandhyajadeja @calicoindiajp

A post shared by Fumie Kobayashi (@fumie_calico) on

Vankar の Shamji 氏 (3)

Vankar の Shamji 氏 (2)

前述のShamji氏は、もちろん織り師であるのだが、個人的な興味から始めたという染めの仕事がかなり深くて面白い。 染め職人のカトーリーが出来上がった生地を捺染したり、絞染したりする(後染め)に対し、彼らは原則自ら染めた糸を織っている(糸染め)。堅牢度も比較的高い。 写真1枚目は、藍染の工房。デーツを使って発酵、還元を進める。 2枚目は、工房の外観。最初は藁葺き屋根と藍甕しかなかったのに、訪れるたびに少しずつ進化している。 3枚目は、今取り組んでいる様々な黄色のひとつ。マリーゴールド。 4枚目は、植物染でそめた糸で織った作品。5枚目は、Shamji Vishram Valji氏。 @bhujodi_sarees_

A post shared by Fumie Kobayashi (@fumie_calico) on

Vankar の Shamji 氏 (1)

Bhujodi村のVankarといわれる織り師の方々。 元々ラバーリーと共にラージャースターンから移住してきた彼らは、ラバーリーの飼う羊や山羊、ラクダの毛で織物を作り、ラバーリーやアヒールなどのコミュニティに供してきた。 現代では、インド国内市場に向けて、メリノウールのサリーやドュパッタなどを中心に織物を手掛けている。 そんな中、Shamji Vishram Valji氏は、カラコットンや元々ラバーリーが飼っているシープウールでの作品づくりにも意欲的である。 今冬は、Shamji氏と共同開発したウール生地を使ったコラボアイテムをはじめてご紹介する予定だ。 #shamjivankers #shamjivishramvalji #vankar #bhujodi #handloom #malwarisheepwool #kalacotton #calicoindiajp @vankar_vishram_valji @bhujodi_sarees_ @calicoindiajp

A post shared by Fumie Kobayashi (@fumie_calico) on