CALICO the shopからのお知らせ

少しだけお出かけしました

CALICO in Shizuoka

この投稿をInstagramで見る

We are pleased to announce that CALICO is holding the 1st exhibition in Shizuoka! 明日より静岡tekura様で初のCALICO展、開催となります。 2014年に大阪で初めてお会いして以来、少しずつmaku @makutextilesやCALICOの作品を集めて下さった宮入さん。 2年前からテクラさんがサポートされている芹沢げ霹術館のギャラリーショップでもご紹介いただき、インド布の世界を拡げてくださっています。 お洋服も含めた本格的な展示は今回はじめてとなります。 静岡といえば、、インド駐在からご帰国された方々のお顔も思い浮かびます。 写真は、いつも爽やかな宮入さんご夫婦✨ シンプルな真鍮のブティで押したアジュラック染カディの手縫いトップスやカッチ地方のカラコットンの服(今回は着用のものと型が少し違うもののご紹介となります。) マスクもご紹介いたします。 まだ外出には緊張を伴う日々ですが、是非お気をつけてお出かけくださいませ。 repost from @tekura_miyairi @tekura2013 −−−−−−−−−−−−−−− - CALICO exhibition - *店頭展示会 (ご予約制) ・6/6(土)-15(月) 13:00-18:00 ・会期中のお休み 6/9(火),10(水) *オンライン展示会 ・6/17(水)-22(月) @fumie_calico @calicoindiajp −−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 初開催を心待ちにしていた CALICO(キヤリコ)さんの展示会。 本来は5月を予定しておりましたが、店の再開と合わせ開催をさせて頂きます。 代表の小林史恵さんがインドの職人達と共に 形作られるCALICOの品々。 そのほとんどが手紡ぎ手織りの仕事から生み出されます。 端正な表情の中に人の手の温もりを感じる軽やかな佇まい。 日本に住む私達の日常からは離れてしまった美しく愛らしい手仕事に楽しく触れて頂けましたら幸いです。 店舗へお越し下さる事が難しい方もいらっしゃるかと思い、日程を変えオンライン上でもご紹介をさせて頂きます。 店舗での展示会につきましては ご予約制でのオープンとさせて頂きます。 限られた時間ではございますが、 楽しくお過ごし頂けましたら嬉しく思います。 -CALICO展のご予約はメールにてお待ちしております- ✉→info@tekura.net プロフィール欄の"問い合わせ"ボタンからもお送り頂けます。 件名を「CALICO展 予約」として頂き、 下記 銑い鬚缶正の上ご連絡をお願い致します。 3日以内に返信がない場合は今一度ご連絡を頂けましたら幸いです。 ,名前 △艦⇒軅茵雰搬喩峭罅 ご希望の日にちと時間帯 ・下記よりお選び下さい。 13:00- 14:00- 15:00- 16:00- 17:00- い翰菘洪与 ・ひと枠につき1組(2名様)とさせて頂きます。 ご予約状況はブログへもアップ致しますのでご確認頂けましたら幸いです。 #calicoindiajp #calico #キヤリコ #うつわ暮らしの道具テクラ #テクラ #tekura #器 #うつわ #utsuwa #陶器 #ceramics #pottery #手仕事 #handcrafted #暮らし #life

CALICO_indiajp(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -

CALICO in Rokko, Kobe

曇天の合間にも、夏の光が美しい季節です。 CALICOも活動を少しずつ再開しています。 本年初の関西での企画展を、神戸六甲フクギドウ様にて開催いただきます。 コロナに加えて、サイクロンの被害も心配されたmakuからも無事新作が入荷いたしました。 "The mind is the place where the lights enters you” 心とは、あなたに光が注がれる場所である。 by Rumi / Handworks by maku 今回のmakuの春夏作品は、13世紀の神秘主義者で詩人、Jalāl ad-Dīn Muhammad Rūmī (جلالالدین محمد رومی) の詩がテーマです。 初日は、CALICOの小林も会場にお邪魔させていただきます。 ベンガルの土地と同じように、モヤモヤを吹き飛ばすような、ミドリの清涼感✨溢るる六甲の地で、皆様とお会いできるのを楽しみにいたしております。 ーーー CALヰCO:インド手仕事布の世界 6/5 Fri - 13 Sat | 10:00-17:00 フクギドウ 201号室 神戸市灘区八幡町 4-9-27 六甲ビル 201 078-862-3650 Photo by Yayoi Arimoto (page 1) Photo by maku (page 2 & 3) Photo taken at my friends flat in Kolkata, A morning in 2019 (page 4) #thelightsingreen #placeofgreen #light #green #rokko #kobe #fukugido #201 #maku #makutextiles #santanudas #rumi #bengal #tranquility #jamdani #transparent #handspun #handwoven #handloom #crape #khadi #yayoiarimoto #calicoindiajp ##CALICO #travelingcalico #フクギドウ #マク #キヤリコ #カディ @fukugido @fukugido_staff @yoyomarch @makutextiles @maku_indiajp @fumie_calico

CALICO_indiajp(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -

CALICO : the shop 再開のお知らせ

ベンガルの状況

この投稿をInstagramで見る

ベンガルの状況について: COVID-19の影響で、納品が遅れたり、在庫が不足していたりとご不便をおかけしております。 現地状況に関してのお問い合わせも多くなっておりますので、下記にご確認いただければ幸いです。 ・西ベンガル州全体のCOVID-19の感染者は2961名、死者250名 (5月19日)。その約3割は州都コルカタが占める。 ・CALICOが生産を行っている主要な4村は、合計感染者が100名以下、死者は数名で、あまり被害が大きくはないため、生産は徐々に再開。 ・ただし、フィニッシングと検品、輸出手続きを行っているコルカタで、連日新規感染者が3-5%で増加しており、生地をコルカタに送るのが難しい。 ・コルカタからの輸出も一部再開したが、配送費が通常の何倍にもなっている。(バングラデシュも同様) ・また、昨日ベンガル湾を襲った大型サイクロンAmphanで、コルカタや湾岸部に大きな被害がでた。織りの村は内陸にあるため、被害は限定的。 makuをはじめコルカタの関係者はみな無事でした。サイクロン前に出荷されたmakuの未入荷アイテムは、まもなく入荷となる見込みです。 こういうときこそ、現地で粛々とできる限り不安なくお仕事を進めていただけるように、サポートしていけたらと思います。 引き続きどうぞ宜しくお願いいたします。 #westbengal #bangladesh #covid19 #supercyclone #hooghlyriver #maku #calico #calicoindiajp @makutextiles @maku_indiajp 写真は2019年に村の近くで撮影したもの。

CALICO_indiajp(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -

CALICO in Matsumoto

この投稿をInstagramで見る

身動きできずに、たくさんの想いが交差した春を抜けて。 まだまだ世界全体や都心では心配が続くこの頃ですが、地方から少しずつ新しい息吹と共に、活動をはじめられた方もいらっしゃることと思います。 インドも同じで、少しずつですが村の生産活動がはじまっています。 都会は、まだ少し辛抱が続きそうです。 今年の春は、たくさんのキヤリコのイベントが延期や中止となりましたが、松本では、明日より手仕事商會すぐりさんの2階のギャラリースペースで展示がはじまります。 松本のみなさま、少し息抜きにお立ち寄りくださいませ。 今年はインドよりまだ入荷できていないものも多く、数は限られますが、これから夏にかけて嬉しい細番手や透かし織りカディの作品などが中心となります。makuの新作も一部ございます。 展示閲覧の詳細につきましては、すぐりさんのご案内をご確認ください。 5/22(金)から6/16(火)まで 手仕事商會すぐり @長野 松本 @suguri.nakamachi photo by Yayoi Arimoto #rosetops #handspun #handwoven #matsumoto #nagano #suguri #calicoindiajp #calico #makutextiles #maku #indiantextiles @yoyomarch @calicoindiajp @makutextiles

CALICO_indiajp(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -

CALヰCO of the day #0008: サラドレス(旧ラジャースターンギャザーワンピース)

CALヰCO of the day #0008 ジャムダニトラディショナルラージャスターンギャザーワンピース いきなり長い名前ですみません。(→長すぎるので、たった今サラドレスSarah Dressに名称を変更しました!) ジャムダニトラディショナルは、CALICOで一番最初に手掛けたジャムダニ柄の生地。 ベンガル女性が着るダカイジャムダニ(ダッカのジャムダニ)の伝統的なデザインを元にアレンジを重ねてきた柄です。 西ベンガルのある村で、元々マスタージー(師匠)に織っていただいていた柄を、今は若い織り師や女性に織ってもらっています。 そのようなジャムダニのうっすらした様子をサリーとおなじように羽織れたらと考案したのが、こちらのワンピース。 ギャザーがサリーのドレープのように美しく、カシュクールにしても、センターであわせても、開けっぱなしできていただいても美しい形状となるのが特徴です。 インド服によくある上下の切り替えがないので、大人っぽい印象です。 ラジャースターンといってますが、地中海世界まで続く大陸の雰囲気があるなと思っています。 日差しが強くなるこれからこそが、ベンガルの大地に育てられたジャムダニの真骨頂。 その織り文様の透けた具合を存分に楽しんでいただけます。 素材:コットン100% 手織り(ジャムダニ) カラー:ネイビー、ブルーグレイ、ホワイトブラック フリーサイズ。 かなりゆったりめで重ねても着用いただけます。 27000円(税別) 詳しい情報は、プロフィール欄のオンラインサイトをご覧ください。 photo by Yayoi Arimoto (page1,2,4 & 6) For English, please use auto-translating function of SNS. In case it is not working well, please contact us through messenger. Sorry for your inconvenience. #airy #cotton #yardage #handspunweft #handwoven #handloom #Westbengal #interior #fabric #texture #CALICOindiajp #CALICO #CALICOoftheday @yoyomarch @shreya.kanoi

CALICO_indiajp(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -

texture of the day: from Google Earth

texture of the day: Sujuni Works by Archana Kumari

CALヰCO of the day #0007 緯糸カディエアリー生地

この投稿をInstagramで見る

CALヰCO of the day #0007 緯糸カディエアリー生地 この時期、プレゼントに人気の緯糸カディエアリーのストール。 でもご自身のご近所使いには、カディなんてちょっと贅沢かな、と思う方も多いかもしれません。 そんな方に、是非お伝えしたい… 実はエアリーは生地でも販売しているのです。 それは2013年の春のこと。エアリーストールの独特の風合い、肌触りを気に入ってくださったステキなお客さまが、エアリーを生地を扱いたいとリクエストくださったところからはじまりました。 うめだ阪急の手仕事サロンで毎年2回お世話になっているCALICO展では必ず、その生地の切り売りをさせていただいており、それは現在も続いています。 CALICOのことをよく知らなくても、毎年エアリーをお首に巻いて、そのコーナーにいらして、色違いを揃えてくださるお客様も。 エアリー生地の嬉しさは、そのお求め安い価格と、2m丈のストールよりも、1mや1.5mの布をお首に巻きたいというような細かなニーズにもお応えできること。 キリッパシは、特に始末しなくても、自然と丸まってまいりますし、エアリーストールと同じように、5mほど端の緯糸を抜いていただくと尚よい感じです。 また、エアリーは水通ししていただくと、独特のシボがよります。 それがまた新たな風合いを呼び、夏場でも涼やかにお使いいただけます。 コットンですので、吸水性も大変良いです。 ホワイトは、染め物をなさる方、お部屋のインテリアにと特に人気です。 非常に繊細なお生地ですので、CALICOには珍しく、縦糸は紡績糸をお使いしています。 緯糸のみ、アンバーチャルカによる手紡ぎの糸となります。 欠品しているお色の生地はご予約を承ります。 ※ 現在、本年の需要確保・経済活動継続のため、さらに通常よりお求めやすいお値段になっております。ご予約だけでも今の時期にしていただくことをお勧めいたします。 素材:コットン100% カラー:ホワイト、スモーキーピンク、ダークグレー、ベージュ、ふじいろ(旧インディゴ)、キャメル 詳しい情報は、プロフィール欄のオンラインサイトをご覧ください。 For English, please use auto-translating function of SNS. In case it is not working well, please contact us through messenger. Sorry for your inconvenience. #airy #cotton #yardage #handspunweft #handwoven #handloom #Westbengal #interior #fabric #texture #CALICOindiajp #CALICO #CALICOoftheday @fumie_calico

CALICO_indiajp(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -

オンラインショップより:生地カットの単位が変わりました

CALヰCO of the day #0006 アルチャナ のスジュニ刺繍クッションカバー

CALヰCO of the day #0006 アルチャナのスジュニ刺繍クッションカバー インド東部ビハール出身のデザイナー Archana Kumari (アルチャナ・クマーリ)。 彼女は14歳のとき、アメリカのNGOの人に伴われてニューヨークを訪れ、刺繍のデモンストレーションをした。初めての飛行機、初めての都会、村では当たり前の光景であった自らの刺繍を愛でてくれる人々。まだデリーの町さえも見たことがなかった彼女にとって、そこで得た経験と刺激の意味は大きく、後の彼女の世界を拡げるきっかけとなった。 そこからの彼女の旅。ビハールのスジュニは、マドゥバニ画(通称ミティラー画)と呼ばれる伝統画のスタイルの影響が大きい。その特徴を彼女らしく取り込み、創作したさまざまな作品を手掛ける。 こちらは、そんなArchanaと共に、CALICOが、どこにでもあるインドの街角の様子を作画し、手掛けたシリーズ。 ヒンドゥー教寺院、シーク寺院、南インドのお寺、キリスト教会、ムスリムのモスク。 その周辺で、寝転ぶおじさん、ヨガをする犬(無論、ドッグポーズ)。 インドに旅したことのある方もない方も、ふとした瞬間にインドの空気を思い出せるように。 そして、今。2020年の4月。 かつてないほどの静寂に包まれているというロックダウン下のインド。 聞こえてくるのは、餌をもらえず野犬化した犬の遠吠えばかりという。 3日おきにデリーから電話をかけてくるアトリエマネージャーのプリタムは、今日の首相のラジオ演説によって村に帰れるようになることを願っていたが、その期待は外れた。 Archanaは、今、ビハールの村の生家にいる。最近はとにかく怖いという。はっきりと状況を書かないのはArchanaらしいが、想像すると、警察や村の権力者が、相当厳しいコントロールをしているようである。 それぞれの町や村で、さまざまな変化が起きている。 共に、またあの熱気溢れる日々を迎えられることを願うしかない。 そんな思いをこめて、スジュニ刺繍のクッションカバーを紹介したい。 素材:コットン100% サイズ:40cm x 40cm 詳しい情報は、プロフィール欄のオンラインサイトをご覧ください。 For English, please use auto-translating function of SNS. In case it is not working well, please contact us through messenger. Sorry for your inconvenience. #archanakumari #sujuni #cushioncover #corner #mandel #church #mosque #temple #gurudwara #dog #straydog #yoggydog #travelingindia #lockdown #india #corona #bihar #interior #fabric #texture #CALICOindiajp #CALICO #calicooftheday

CALICO_indiajp(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -

誰かに贈るCALICO+♡

この投稿をInstagramで見る

緑の眩しい、5月となりました。 4月中は、例年以上に!オンラインでたくさんのご注文をいただき誠にありがとうございました...。 あたたかいおことば、お心遣い全てに感謝いたします。 本日5月1日より、5月20日までの期間限定で、CALICO史上初のキャンペーン、 【誰かに贈るCALICO+♡】 をスタートいたします。 布は、頑張っている誰かに贈る勲章🏅 言葉はなくても、布を介して、その思いは伝わると思います。 5月10日の母の日や、大切な誰かに贈るギフトとして、対象商品となっているCALICOのストールや生活雑貨をご注文くださった方に、CALICOまたはmakuの1アイテムが、一度だけ10%オフになる特別コードをプレゼントします。(オンライン限定・1年間有効) もちろん一番大切なご自身へのご褒美にも。 詳しくは、プロフィール欄にあるウェブサイトのオンラインサイトより、対象となっているアイテムをご覧ください。(対象アイテムは、アイテム名の後に+♡マークがついています。) #spreadloveratherthancorona #campaign #promotion #stole #happygoldenweek #medal #kunsho #勲章 #thankyou #monthersday #gift #present #airy #jamdani #khadi #handwoven #handloom #lovefromindia #indiantextiles #westbengal #kutch #kachchh #calicoindiajp #CALICO #+♡

CALICO_indiajp(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -

Response to #handmadeinIndia

この投稿をInstagramで見る

Dear friends in India, Thanks for all your contacts to us in this crutial moment. We are supporting #handmadeinindia campaign in our best way. It is good chance to connect and have dialogues with you on your works, and to develop new concept of goods and collabortation model. 1. We have initiated "Gaam no Otlo" project on instagram to raise awareness and get pre orders during lockdown time. We will move forward for the further steps soon. Note: As for most of Japanese, it is hard to deal and import goods from abroad. So we are trying to bridge in between. However we can not be just a dealer, we are responsible for quality and the cultural value of goods to our precious customers. So if you need any help, we are happy to discuss with you on what we can do together, not only for this critical time, but for the future. 2. To maintain enough stock turnover, production volume whole this year, we have started to promote yardages, already having opened the wholesell prices to individual customers in Japan. Note: Now many people try stitching by themselves at home, having plenty of time. We all need good texture of fabrics. Hope we can turn this severe moment into a good change of our history. #calicoindiajp #calico #indiantextiles @gaam_no_otlo

CALICO_indiajp(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -