企画展とドローイングの作品

repost from @calicoindiajp : CALICO is coming to deep Autumn Nagoya...with handloom and hand print fabrics from India... drawing by Keiko Yuasa presented by sahan 本年3回目となります、名古屋のsahanさんでの展示のご案内です。 手織シルクジャガードやデニムカディ、初お目見えとなります、手織シルクリネンやカッチウールのアイテムを中心にお持ちいたします。 夏にもご好評いただいた、makuの秋冬の新作も多数ございます。 漸く秋らしくなってきた今の季節に嬉しい布のアイテムを探しに是非いらしてください。 19日は、小林が在店いたします。 尚、Lunch会(お話し会)は、満員御礼となりました。ありがとうございます。 今回も、企画展テーマとなるドローイングの作品は、Keiko Yuasaさんによるものです。 以前は、キヤリコのカンタや服のパターンなどをコラージュで表現した作品が多かったのですが、やがて、まだ発表していない作品を透視能力?で描かれるようになり、今回は、更に抽象性を増し、木版のプロセスをレントゲン透析したような...アジュラックについては、完成した作品よりも、殊更プロセスそのものに興味のある小林には、なぜかそう思えてしかたがないのですが、とても嬉しいものでした。 景子画伯との不思議な共時感覚もいつも楽しみなsahanさんの展です。 sahan 10/19土-27日 11:00-19:00 名古屋市千種区猫洞通3-21 KR Aビル1F 052-783-8200 #sahan #nagoya @sahanneko #toyomiadachi #keikoyuasa #maku @makutextiles #calico #calicoindiajp #travelingcalico #indiantextile @fumie_calico

Fumie Kobayashiさん(@fumie_calico)がシェアした投稿 -

カッチウールのコート

この投稿をInstagramで見る

With a great support of Shamji bhai, the master weaver from Bhujodi, we have launched Local Sheep Wool Coat line...! 今秋冬のキヤリコの展示会。約2年かけておつくりいただいたカッチウール(マルワリウール、デシウールと呼ばれるローカルシープウールの総称)のコートが初登場です。 ラバーリーの方々が飼っている羊の毛を織るのがそもそものバンカル(vankar)といわれるカッチの織り師のお仕事。この数年、彼らのショールをお持ちするたびに人気なので(注: 動物がいるような、圧倒的な存在感のためと思っている)、さらに撚りをかけ、打ち込みを増やしていただき、縫製に耐えうるレベルにしていただきました。 カッチウールの、その野趣溢るる感じを楽しみつつも、ライナーには、ベンガルの手織シルクウールがあしらわれているので、快適に着ていただけます。 関西は、京都イシスさん(展示は明日17日まで)、関東はこれからご案内する鎌倉ファブリックキャンプさん、名古屋はサハンさんにてご覧いただけます。 *数量限定になります。写真最後(撮影ご協力: @yoshidayahirokoさま、ありがとうございます!) の白は完売し、引き続きインドにて生産中です。 #kutchwool #localsheepwool #desiwool #vankar #shamjivankar #bhujodi #kutch #kachchh #indiantextile #calicoindiajp #calico @kanaisis @vankar_vishram_valji @calicoindiajp

Fumie Kobayashiさん(@fumie_calico)がシェアした投稿 -

スフィアンたちの日本旅 (2)

Traveling Khatri... Sufiyan Ismail Khatri氏とJuned氏のJapan Yatra(日本旅)は続きます。 13日は、Sufiyan Ismail Khatri氏、Juned Ismail Khatri氏と共に、台風の影響で一日遅れで始まった吉祥寺アウトバウンドさんでの展示「Sufiyan Ismail Khatri + MITTAN」に在廊させていただきました。 台風の一日前に東京入りし、Sufiyan達は東京ジャーミイ(イスラムのモスク)に近い幡ヶ谷のエアビーで、小林もその近くでお世話になり無事でした。(旅の詳細は@fumie_calicoでご紹介予定です) 台風で被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。 アウトバウンドさんの静謐でシンプルな空間に、MITTANさんの主張しない洗練された衣服と、土の記憶を連れたアジュラック染の作品が、程よく溶け合い、「たくさんの魔物がいる」(注: 魅惑的でクラクラする柄模様のアジュラック染がたくさんあって困る様子)と、笑いが止まらないお客様も。 彼らの作品をずっと拝見しているはずのキヤリコ小林も、そこに免疫ができることなく、いくつかの作品に吸い込まれたまま帰ってこられなくなっていました。 まるで、指輪物語の指輪のようです。 危険を覚悟で?是非お越し下さいませ。 キヤリコの作品も、アジュラック染関連作品のみお持ちいたしております。 repost --- Sufiyan Ismail Khatri + MITTAN “Keep it Today” 2019年10月13日[日] – 2019年10月27日[日]|11:00 – 19:00|15日,22日[火]休 Sufiyan Ismail Khatri氏 在廊予定日 10/13 三谷武氏 在廊予定日 10/13,14 OUTBOUND 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-7-4-101 0422-27-7720 @mittan.asia @calicoindiajp #sufiyanismailkhatri #ajrakh #kutch #handblockprint #mittan #outbound #keepittoday @Outbound @sufiyankhatri @ajrakh.art @kazutokobayashi @fumie_calico

CALICO_indiajpさん(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -

スフィアンたちの日本旅 (1)

Oct 9-10th | スフィアンたちの日本旅。 藍の発酵をより進めるための知恵を新道さんより授かり、田中直染料店さんへ。 翌日は、孤高の藍染作家 森くみ子さんが徳島からサプライズで駆けつけてくださり、海に近いカッチでできるかもしれないこと、について、色々お話しいただいた。 発酵を進めるにあたっての、前提の前提のような条件の話は複雑で、また、日本の慣行についてなどは、通訳しても、伝えられた気はしない。 藍を通じて、日本の風土と歴史の森に入っていく森さんのお話は、こちらの著作でもご覧いただけます。 「阿波藍のはなしー藍を通して見る日本史ー」 https://www.japanblue.info/2018/10/21/%E9%98%BF%E6%B3%A2%E8%97%8D%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%97%E3%83%BC%E8%97%8D%E3%82%92%E9%80%9A%E3%81%97%E3%81%A6%E8%A6%8B%E3%82%8B%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8F%B2%E3%83%BC-%E5%8F%96%E6%AC%A1%E6%96%B9%E6%B3%95%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/ #japanblue #kumikomori #tokushima #indigoconnection #kyoto @kanaisis @sufiyankhatri @ajrakh.art

Fumie Kobayashiさん(@fumie_calico)がシェアした投稿 -

Sufiyan Ismail Khatri + MITTAN “Keep it Today”

この投稿をInstagramで見る

Ajrakh master dyer Sufiyan and Juned Ismail Khatri from Kutch, India will be at OUTBOUND Tokyo, as a guest of co event with @mittan.asia. Due to the largest scale typhoon approaching to Japan, they will be present at the gallery only on 13th, from 1pm once the irregularity of transportation is recovered. Please be safe and get prepared well...!! アジュラック染の名工スフィアン=イスマイル=カトリ氏とMITTANさんの合同展が東京吉祥寺アウトバウンドさんで開催されます。 スフィアン氏と共に手がけているキヤリコのアジュラック染、更紗の作品も併せて少しお持ちいたします。 台風が近づいておりますので、交通が復旧する予定の13日に、復旧次第在廊の予定です。→大型台風のため、12日は中止、13日は13:00-19:00に変更となりました。 どうぞ皆さまもお気をつけてくださいませ。 @sufiyankhatri @ajrakh.art @kazutokobayashi @fumie_calico #outbound #mittan #ajrakh #kutch #kachchh #calicoindiajp #calico #indiantextile photo by OUTBOUND repost --- Sufiyan Ismail Khatri + MITTAN “Keep it Today” 2019年10月13日[日]※– 2019年10月27日[日]|11:00 – 19:00|15日,22日[火]休 ※大型台風のため、12日は中止、13日は13:00-19:00に変更となりました。 17世紀にインド北西部、グジャラート州のカッチに渡った染色の職人家系である“Khatri”は、藍や茜、柘榴やウコンといった天然染料を用いた木版プリントの染め布作りに代々携わってきました。一時は干ばつによる河川の枯渇と植物への影響、そして化学染料の普及から完全に途絶えた伝統的な染めは、Siddique Mohanmmad KhatriやDr. Ismailらの尽力により復興されました。 此の度、新世代を代表する作り手のSufiyan Ismail Khatriによる、現代アジュラックの展覧会をOUTBOUNDにて開催致します。 併せて、この夏にカッチを訪問し、Sufiyan氏と邂逅を果たした三谷武氏によるMITTANの衣服も数多く並びます。 特別企画として、Sufiyan氏によるアジュラックをMITTANが仕立てた羽織も登場します。 共に日々研鑽し、今日を重ねる同世代の二人の作り手の響き合いを、是非ご覧下さい。 Sufiyan Ismail Khatri氏 在廊予定日 10/13 三谷武氏 在廊予定日 10/13、14 企画協力|CALICO:the ART of INDIAN VILLAGE FABRICS @mittan.asia #sufiyanismailkhatri #ajrakh #kutch #handblockprint #mittan #outbound #keepittoday

CALICO_indiajpさん(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -

Ajrakh - keep it today

Between Art and Tradition, it will be appeared as a part of practices without intension. Ajrakh- 多くの書物に置いて、ペルシア語の青、アズールから成った言葉とされるが、スフィアン氏は、それをkeep it today という意味を表す語という。 約16日間の工程を経て作られる染め布。 毎日毎日工程を重ねる意味でもあり、毎日の仕事の積み重ねこそが、現代-today、から未来に伝える伝統になりうるという思いがあるのかと思う。 毎日身の周りのもののスケッチをされている沖縄の紅型作家 金城昌太郎さんのお写真をお見せしながら、新しいアート、あるいは、伝統を作ること、そのために必要なことについて、いろいろな思いを伺った有意義な時間。 展示会2日目。 #ajrakh #sufiyan #khatri #naturaldye #juned @sufiyankhatri @ajrakh.art @ibrahim.khatri.545 @kanaisis @fumie_calico #kyoto #calico #calicoindiajp

CALICO_indiajpさん(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -

ミニアチュール

この投稿をInstagramで見る

Masterpiece of Miniature Ajrakh with 500cc moslin khadi, natural dyed 効率主義の現代において、多くのものが、ただただ大胆に粗野になっていくばかりだが、インドには、その仕事を引き継いだころよりも、自分の代に更に至高なものとなるように、鍛錬する職人がまだまだ存在する。 500カウントモスリンカディのミニアチュール(細密)天然染アジュラック。 500カウントのカディを織る職人と、ミニアチュールに取り組むアジュラック染の職人の技が合わさった、すでに幻のような作品。 京都イシスさんにお持ちしたものは、お陰様で完売しました。 その他のスフィアン氏とジュネッド氏のオリジナルのアジュラック染作品は、makuやキヤリコの作品と共にイシスさんでご覧いただけます。17日まで。(13、14日はお休み) #miniature #ajrakh #500cc #khadi #naturaldye #sufiyankhatri @sufiyankhatri @ajrakh.art @kanaisis @fumie_calico #calico #calicoindiajp #indiantextileart

CALICO_indiajpさん(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -

物々交換

Oct 9th | スフィアンたちが滞在中の京都にて。 私が欲しい..と思わず叫んだコロマンデル(今のタミルナド州)のお宝手描更紗(左)と、同じく、私が欲しい..とスフィアンにお願いしていた500カウントのモスリンカディミニアチュールアジュラック布(右)。 見事、私の目の前で、それぞれの持ち主による物々交換が成立。 嬉しくもあり、悲しくもあり、何日か、ブツブツ言っていましたが 笑、振り返ると、国だけではなく、時代を跨ぐよき交換でした。 スフィアンには、手描更紗の復興を協働プロジェクトとしてやっていただいています。 また新しいデザインの参考となり、それを楽しむことができますように✨ #exchange #textiles #travelingcalico #sarasa #antique #kyoto #kutch #kachchh #ajrakh #indiantextile #calicoindiajp #calico @kanaisis @sufiyankhatri @calicoindiajp

Fumie Kobayashiさん(@fumie_calico)がシェアした投稿 -

旅の経緯・2019 - 初日を終えて

この投稿をInstagramで見る

Just launched the first show of Master Ajrakh dyer Sufiyan Ismail Khatri, as a part of CALICO's exhibition series, with support of @kanaisis / Gallery isis in Kyoto. 京都イシスさんで、毎年シリーズで開催いただいている「旅の経緯展」。 本年はアジュラック染の名工、スフィアン=イスマイル=カトリ氏と弟ジュネッド氏をお招きし、お陰さまで沢山の皆様と素晴らしい一日を過ごすことができました。 スフィアン氏、ジュネッド氏と本日までイシスさんに在廊予定です。 旅の経緯・2019 CALICO : インド手仕事布の世界 <現代インドの手仕事-カッチ・ベンガル・カシミール> at イシス 京都市中京区麸屋町通竹屋町上がる 075-254-5157 10月9日(水)-12(土) 15日(火)-17日(木)11:00-18:00 13日14日はお休み #galleryisis #kyoto #sufiyan #juned @sufiyankhatri @ajrakh.art #calico #calicoindiajp @fumie_calico

CALICO_indiajpさん(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -

京都美山にて - 新道弘之氏

Oct 7th | Sufiyan、Junedと共に、電車を乗り継ぎ、京都美山のちいさな藍美術館へ。 藍染作家の新道弘之氏に迎えていただき、三人とも旅の疲れが癒えるような、佳き時間を過ごす。 日本の藍建てのことをシンプルに、丁寧に説明して下さり、藍染も体験させていただき、お二人もご満悦。 昨年も金谷さんに連れてきていただき、Sufiyanは二度目の訪問。その際、彼の叔父Abduljabbar Khatriと贈呈したというアジュラック作品も展示されていた。 #hiroyukishindo #thelittleindigomuseum #miyama #kyoto #japanblue #indigodye #travelingkhatris #japanyatra @sufiyankhatri @ajrakh.art @calicoindiajp

Fumie Kobayashiさん(@fumie_calico)がシェアした投稿 -

SufiyanとJunedの来日

Oct 5th & 回想| インドから日本に帰国してすぐ、アジュラック染の職人SufiyanとJunedを迎えに再びのKIXへ。 Sufiyanは、去年に引き続き、二度目の来日。弟のJunedは初来日。 現代アジュラック染の復興者を祖父に、アジュラック染を担うKhatriコミュニティの中心であるDr.Ismail Khatriを父をもつ、アジュラック染界の次代を担うお二人。 Sufiyanのたっての願いであった自身の展覧会の開催ができたら素晴らしいことになるに違いない、と純粋に彼の思いに賛同し、今回のお二人の来日を企画させていただいた。 京都では、毎年開催していただいているイシスさんによるキヤリコの企画展「旅の経緯」の一環として、 東京では、夏にもキヤリコでお世話になったアウトバウンドさんにて、8月に小林のカッチ旅に合流し、スフィアンをご紹介させていただいたMITTANさんとの合同展という形となっている。各ギャラリーさんでの展示を是非ご覧いただければ幸いです。詳細は、@calicoindiajpまで 去年に引き続き、ギャラリーさんをはじめ、各地でお世話になった/なる皆様にも感謝です。北川美穂さん、tezomeyaさん、金谷美和さん、京都のゲストハウス 入ルさん、ギリギリまで準備なども手伝って下さったIkukoさん、Mikiさん、special thanksです。 #travelingkhatris #japanyatra #sufiyanismailkhatri #junedismailkhatri #ajrakh #calicoindiajp #calico @sufiyankhatri @ajrakh.art @calicoindiajp

Fumie Kobayashiさん(@fumie_calico)がシェアした投稿 -

旅の経緯・2019 - イシス (京都)

CALICO is coming to Autumn Kyoto...! Ajrakh master dyer Sufiyan and Juned Ismail Khatri will be there on 9th and 10th. See you in Kyoto < 3 いよいよ、秋らしくなって参りました。本年もジャワ更紗を手掛けられる石田加奈さん主宰のギャラリーイシスさんにて、旅の経緯 展を開催いただきます。 旅の経緯・2019 CALICO : インド手仕事布の世界 <現代インドの手仕事-カッチ・ベンガル・カシミール> at イシス 京都市中京区麸屋町通竹屋町上がる 075-254-5157 10月9日(水)-12(土) 15日(火)-17日(木)11:00-18:00 小林の在廊は、9日、10日 13日14日はお休み 今回は、カッチのウールやベンガルのシルク作品の他、アジュラック染を現代に伝えるSufiyan Ismail Khatriの新作をいろいろとお持ちいたします。 何と今回、ご本人が弟のJuned Ismail Khatriと共に来日。9日、10日とゲスト登場予定です! Sufiyanといえば、去年のうめだ阪急さんで開催されたカッチの布展の立役者のひとり。多くの布ファンを惹きつけてやまない、彼らの取り組みもいろいろご紹介できればと思います。 makuの一部秋冬やLiving Blueの新作も関西で初のお目見えとなります。 どうぞお楽しみに下さい。 page1&2 photo by Yayoi Arimoto #galleryisis #kyoto @kanaisis #ajrakh #sufiyankhatri #junedkhatri @sufiyankhatri @vankar_vishram_valji @makutextiles @livingblue.bangladesh @yoyomarch #calicoindiajp #calico @fumie_calico

CALICO_indiajpさん(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -

オープンアトリエ

この投稿をInstagramで見る

いつもカトマンドゥから、アトリエをめがけてきてくれるIsabelle。 カディーのピンタックワンピースやデニムカディーのサスペンダーワイドパンツを気に入って、リピートしてくれている。 デリーでは、西デリーにいる生産チームと多くの時間を過ごす。私がアトリエにいる限られた時間、つまり、オープンアトリエのときは、お客様や協業するアーティストやデザイナー、いろいろな方が同じ空間に。 思ってもみない、化学反応が起きるのはいつものこと。アトリエというものはそうでないと! #calicotheatelier #isabelle #archana #chemistry #calicoindiajp #calico @calicoindiajp

Fumie Kobayashiさん(@fumie_calico)がシェアした投稿 -

アトリエのアルチャナ

この投稿をInstagramで見る

一度音通不信になり、復活してからのアルチャナは、前にも増して、陽気に健気に、創作に取り組んでいるように思う。 私がいるときのみならず、いないときも、うちのアトリエにじっと座って仕事していることが多いときく。 インド在住の日本人を中心とした、ちいさな布の会のメンバーと、様々な意見交換ができることも大きな支えとなっているようだ。 日々の鍛錬とlivelihoodのための活動と、アーティストとしてインスピレーションを発揮するalivelihoodの活動と。(alivelihoodという造語は、カッチで出会った不思議な男の子、Rajatに教えてもらう) チャルカが、大きなウィールと小さなウィールを組み合わせて成立するように、どちらもが、互いに大事。 #archanakumari @sujuniembroidery #aunam #sujuni #chiisananunonokai #calicotheatelier #calicoindiajp #calico #alivelihood

Fumie Kobayashiさん(@fumie_calico)がシェアした投稿 -

デリーの銀座 (2)