be here...

makuの秋冬コレクションは、be hereと銘うった世界の絶滅危惧種がテーマ。 こちらの作品は、Dholeという、アカオオカミ🐺の名がついています。 鉄媒染でお染めしたマルベリシルク糸と手紡ぎのコットン糸で、濃淡と光沢のある縦縞を織り、ラップドレスを仕立てました。 シャープな毛並みのような印象が、オオカミとキツネの特徴を併せ持つといわれるアカオオカミのよう。(注: 絶滅危惧種ゆえ、もちろん私もみたことはありません) 手仕事が映えるmakuの作品自体が、今の時代には希少であり、それぞれの絶滅危惧種に自らの作品を重ねているのだと感じます。 repost from @makutextiles be here... G1966 : DHOLE Full sleeve, wrap dress with asymmetrical gathers, back pin tucks and fastening at side waist and neck. Fabric hand-woven with hand-reeled mulberry silk and khadi cotton. The dhole (Cuon alpinus) is a canid native to Central, South and Southeast Asia. It is a highly social animal, living in large clans without rigid dominance hierarchies and containing multiple breeding females. In appearance, the dhole combines the physical characteristics of the gray wolf and the red fox, and being "cat-like" on account of its long backbone and slender limbs. IUCN Conservation Status: ENDANGERED, with population decreasing. The main threats are prey extinction, persecution due to livestock depredation, and habitat loss due to high level of human disturbance, like logging, palm plantations and major infrastructure expansion (dams, highways, etc...) #behere #makufall #dhole #redlist #iucn #savetheearth #protectbiodiversity #climatechange #sustainablefashion #handwoven #handmadewithlove #slowclothing #handloomsforfuture #organic #indigo #naturalblack #makutextiles

CALICO_indiajp(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -

maku の鉄媒染シリーズ

Khatri氏の鮭カレー

この投稿をInstagramで見る

Remembering wonderful Kutch taste... special plate made by "Master chef" Sufiyan, salmon curry with Kutch spices and Japanese sticky rice. 一ヶ月前に来ていたSufiyan Ismail Khatri氏自作の鮭カレー。台風19号の翌日に、エアビーにて、エアビーのオーナー様と共に。 作品と同じく素晴らしいお味。 普段もベンガルから糖度と粘度の高いお米をとりよせ食べられる彼らゆえ、日本のお米が舌に合ったようだった。 Sufiyanの作品の一部を、うめだ阪急にもお持ちいたしております。 #beautifultaste #kutchtaste #khatritaste @sufiyankhatri #remembering #calicoindiajp

CALICO_indiajp(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -

ローカルシープの毛織物

この投稿をInstagramで見る

Malwari sheep wool goods made by Shamji from Bhujodi Kutch are also exhibiting at Teshigoto Gallery at 7th floor, Hankyu Osaka. カッチにある織り師(Vanjar)の村Bhujodiにて、Shamji Vishram Valjiやその一族、NGO Khamirなどが復興に力を注いでいる、インド原種の羊(ローカルシープ)の毛を使った織物。油分が多く、粗野な印象ですが、動物がそこにいるかのような温かみがあります。 ウールショール一枚あれば、寒い夜でもまだまだコート知らずです。 うめだ阪急7階手仕事ギャラリーにて、12回まで展示販売中です。 #malwarisheepwool #localsheepwool #desiwool #indiantextile #bhujodi #kutch #handloom @vankar_vishram_valji #calicoindiajp #calico

CALICO_indiajp(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -

Ajit Dasのペイント

ジャムダニ織りのニューフェイス

裂織の作品

Happy Diwali...!

Happy Diwali... from Kamakura 鎌倉♡ We are just starting an exhibition of yarn and fabric materials from Indian subcontinents, including indigenous cottons, natural indigo powers, as well as garments collection... and more. Pls come join us to celebrate Indian new year day together... まもなく、鎌倉のGallery 招山UMIさんにて、CALICOの展示会(ご予約会)がはじまります。今回は、インド各地の原種コットン糸やベンガル産のインド藍などの素材もお持ちしています。是非、鎌倉でインドの新年のお祭りを共にお祝いいたしましょう。 fabric campさんでも、makuとCALICOの秋冬作品の即売会を開催中です。併せてお立ち寄りください✨ #kamakura #calico #calicoindiajp #indiantextile #handloom #indigenouscotton #indianindigo #exhibition #maku @shouzan33 @fabric_camp @makutextiles @calicoindiajp @sujuniembroidery @iroirozerowaste @livingblue.bangladesh @antaran @fumie_calico

CALICO_indiajp(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -

秋の鎌倉 - fabric camp/Gallery招山UMI

秋のmaku + CALICO : the ART of INDIAN VILLAGE FABRICS展 in Kamakura...! インドの秋冬ものがますます充実してきた本年、鎌倉fabric campさんでも、初の秋冬展を開催いただきます。 CALICOの春夏作品、makuの定番作品+CALICO edition(限定アイテム)、手織生地などを含む春夏の受注会も、Gallery招山UMIさんで同時開催いたします。 奈良より店長竹内も駆けつけます。 是非秋のカマクラでお会いいたしましょう! 秋のMAKU・CALICO展 at fabric camp 鎌倉市雪ノ下1-16-23 0467-24-9000 10/27日-11/8金 10:00-17:00 水・土定休 10/30、11/2、6はお休み 春夏受注会 at Gallery 招山 UMI 鎌倉市由比ヶ浜4-3-14 0467-55-5999 10/27日、28月、29火 11:00-17:00 バイヤーの方はお手数ですが、事前にアポイントをおとりくださいませ。 calicoindiajp@gmail.com 2枚目: photo by Yayoi Arimoto #maku #makutextile #balji #endangeredspiecies #dolphin #fabriccamp #shozan #kamakura #indiantextile #calicoindiajp #calico @fabric_camp @shouzan33 @makutextiles @fumie_calico @yoyomarch

CALICO_indiajp(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -

雨の名古屋にて

この投稿をInstagramで見る

昨日は名古屋sahanさんにお邪魔いたしました。雨の中皆さまにお越しいただきありがとうございました! カッチウールのコートは一旦完売いたしました。 makuの新作ドレスも一旦売り切れたものも多いのですが、一部また再入荷の予定です。 写真は、ベンガルで織っていただいている緯糸カディーのエアリー 。真鍮プリントは、カッチのイブラヒム=ラーマン=カトリに施していただきました。名古屋sahanさんの展示は、27日まで。 #sahan #nagoya #bengal #kutch #indiantextile #calicoindiajp #calico #travelingcalico @sahanneko @calicoindiajp @ibrahim.khatri.545 @makutextiles

Fumie Kobayashi(@fumie_calico)がシェアした投稿 -

企画展とドローイングの作品

repost from @calicoindiajp : CALICO is coming to deep Autumn Nagoya...with handloom and hand print fabrics from India... drawing by Keiko Yuasa presented by sahan 本年3回目となります、名古屋のsahanさんでの展示のご案内です。 手織シルクジャガードやデニムカディ、初お目見えとなります、手織シルクリネンやカッチウールのアイテムを中心にお持ちいたします。 夏にもご好評いただいた、makuの秋冬の新作も多数ございます。 漸く秋らしくなってきた今の季節に嬉しい布のアイテムを探しに是非いらしてください。 19日は、小林が在店いたします。 尚、Lunch会(お話し会)は、満員御礼となりました。ありがとうございます。 今回も、企画展テーマとなるドローイングの作品は、Keiko Yuasaさんによるものです。 以前は、キヤリコのカンタや服のパターンなどをコラージュで表現した作品が多かったのですが、やがて、まだ発表していない作品を透視能力?で描かれるようになり、今回は、更に抽象性を増し、木版のプロセスをレントゲン透析したような...アジュラックについては、完成した作品よりも、殊更プロセスそのものに興味のある小林には、なぜかそう思えてしかたがないのですが、とても嬉しいものでした。 景子画伯との不思議な共時感覚もいつも楽しみなsahanさんの展です。 sahan 10/19土-27日 11:00-19:00 名古屋市千種区猫洞通3-21 KR Aビル1F 052-783-8200 #sahan #nagoya @sahanneko #toyomiadachi #keikoyuasa #maku @makutextiles #calico #calicoindiajp #travelingcalico #indiantextile @fumie_calico

Fumie Kobayashiさん(@fumie_calico)がシェアした投稿 -

カッチウールのコート

この投稿をInstagramで見る

With a great support of Shamji bhai, the master weaver from Bhujodi, we have launched Local Sheep Wool Coat line...! 今秋冬のキヤリコの展示会。約2年かけておつくりいただいたカッチウール(マルワリウール、デシウールと呼ばれるローカルシープウールの総称)のコートが初登場です。 ラバーリーの方々が飼っている羊の毛を織るのがそもそものバンカル(vankar)といわれるカッチの織り師のお仕事。この数年、彼らのショールをお持ちするたびに人気なので(注: 動物がいるような、圧倒的な存在感のためと思っている)、さらに撚りをかけ、打ち込みを増やしていただき、縫製に耐えうるレベルにしていただきました。 カッチウールの、その野趣溢るる感じを楽しみつつも、ライナーには、ベンガルの手織シルクウールがあしらわれているので、快適に着ていただけます。 関西は、京都イシスさん(展示は明日17日まで)、関東はこれからご案内する鎌倉ファブリックキャンプさん、名古屋はサハンさんにてご覧いただけます。 *数量限定になります。写真最後(撮影ご協力: @yoshidayahirokoさま、ありがとうございます!) の白は完売し、引き続きインドにて生産中です。 #kutchwool #localsheepwool #desiwool #vankar #shamjivankar #bhujodi #kutch #kachchh #indiantextile #calicoindiajp #calico @kanaisis @vankar_vishram_valji @calicoindiajp

Fumie Kobayashiさん(@fumie_calico)がシェアした投稿 -

スフィアンたちの日本旅 (2)

Traveling Khatri... Sufiyan Ismail Khatri氏とJuned氏のJapan Yatra(日本旅)は続きます。 13日は、Sufiyan Ismail Khatri氏、Juned Ismail Khatri氏と共に、台風の影響で一日遅れで始まった吉祥寺アウトバウンドさんでの展示「Sufiyan Ismail Khatri + MITTAN」に在廊させていただきました。 台風の一日前に東京入りし、Sufiyan達は東京ジャーミイ(イスラムのモスク)に近い幡ヶ谷のエアビーで、小林もその近くでお世話になり無事でした。(旅の詳細は@fumie_calicoでご紹介予定です) 台風で被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。 アウトバウンドさんの静謐でシンプルな空間に、MITTANさんの主張しない洗練された衣服と、土の記憶を連れたアジュラック染の作品が、程よく溶け合い、「たくさんの魔物がいる」(注: 魅惑的でクラクラする柄模様のアジュラック染がたくさんあって困る様子)と、笑いが止まらないお客様も。 彼らの作品をずっと拝見しているはずのキヤリコ小林も、そこに免疫ができることなく、いくつかの作品に吸い込まれたまま帰ってこられなくなっていました。 まるで、指輪物語の指輪のようです。 危険を覚悟で?是非お越し下さいませ。 キヤリコの作品も、アジュラック染関連作品のみお持ちいたしております。 repost --- Sufiyan Ismail Khatri + MITTAN “Keep it Today” 2019年10月13日[日] – 2019年10月27日[日]|11:00 – 19:00|15日,22日[火]休 Sufiyan Ismail Khatri氏 在廊予定日 10/13 三谷武氏 在廊予定日 10/13,14 OUTBOUND 東京都武蔵野市吉祥寺本町2-7-4-101 0422-27-7720 @mittan.asia @calicoindiajp #sufiyanismailkhatri #ajrakh #kutch #handblockprint #mittan #outbound #keepittoday @Outbound @sufiyankhatri @ajrakh.art @kazutokobayashi @fumie_calico

CALICO_indiajpさん(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -

スフィアンたちの日本旅 (1)

Oct 9-10th | スフィアンたちの日本旅。 藍の発酵をより進めるための知恵を新道さんより授かり、田中直染料店さんへ。 翌日は、孤高の藍染作家 森くみ子さんが徳島からサプライズで駆けつけてくださり、海に近いカッチでできるかもしれないこと、について、色々お話しいただいた。 発酵を進めるにあたっての、前提の前提のような条件の話は複雑で、また、日本の慣行についてなどは、通訳しても、伝えられた気はしない。 藍を通じて、日本の風土と歴史の森に入っていく森さんのお話は、こちらの著作でもご覧いただけます。 「阿波藍のはなしー藍を通して見る日本史ー」 https://www.japanblue.info/2018/10/21/%E9%98%BF%E6%B3%A2%E8%97%8D%E3%81%AE%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%97%E3%83%BC%E8%97%8D%E3%82%92%E9%80%9A%E3%81%97%E3%81%A6%E8%A6%8B%E3%82%8B%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8F%B2%E3%83%BC-%E5%8F%96%E6%AC%A1%E6%96%B9%E6%B3%95%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B/ #japanblue #kumikomori #tokushima #indigoconnection #kyoto @kanaisis @sufiyankhatri @ajrakh.art

Fumie Kobayashiさん(@fumie_calico)がシェアした投稿 -

Sufiyan Ismail Khatri + MITTAN “Keep it Today”

この投稿をInstagramで見る

Ajrakh master dyer Sufiyan and Juned Ismail Khatri from Kutch, India will be at OUTBOUND Tokyo, as a guest of co event with @mittan.asia. Due to the largest scale typhoon approaching to Japan, they will be present at the gallery only on 13th, from 1pm once the irregularity of transportation is recovered. Please be safe and get prepared well...!! アジュラック染の名工スフィアン=イスマイル=カトリ氏とMITTANさんの合同展が東京吉祥寺アウトバウンドさんで開催されます。 スフィアン氏と共に手がけているキヤリコのアジュラック染、更紗の作品も併せて少しお持ちいたします。 台風が近づいておりますので、交通が復旧する予定の13日に、復旧次第在廊の予定です。→大型台風のため、12日は中止、13日は13:00-19:00に変更となりました。 どうぞ皆さまもお気をつけてくださいませ。 @sufiyankhatri @ajrakh.art @kazutokobayashi @fumie_calico #outbound #mittan #ajrakh #kutch #kachchh #calicoindiajp #calico #indiantextile photo by OUTBOUND repost --- Sufiyan Ismail Khatri + MITTAN “Keep it Today” 2019年10月13日[日]※– 2019年10月27日[日]|11:00 – 19:00|15日,22日[火]休 ※大型台風のため、12日は中止、13日は13:00-19:00に変更となりました。 17世紀にインド北西部、グジャラート州のカッチに渡った染色の職人家系である“Khatri”は、藍や茜、柘榴やウコンといった天然染料を用いた木版プリントの染め布作りに代々携わってきました。一時は干ばつによる河川の枯渇と植物への影響、そして化学染料の普及から完全に途絶えた伝統的な染めは、Siddique Mohanmmad KhatriやDr. Ismailらの尽力により復興されました。 此の度、新世代を代表する作り手のSufiyan Ismail Khatriによる、現代アジュラックの展覧会をOUTBOUNDにて開催致します。 併せて、この夏にカッチを訪問し、Sufiyan氏と邂逅を果たした三谷武氏によるMITTANの衣服も数多く並びます。 特別企画として、Sufiyan氏によるアジュラックをMITTANが仕立てた羽織も登場します。 共に日々研鑽し、今日を重ねる同世代の二人の作り手の響き合いを、是非ご覧下さい。 Sufiyan Ismail Khatri氏 在廊予定日 10/13 三谷武氏 在廊予定日 10/13、14 企画協力|CALICO:the ART of INDIAN VILLAGE FABRICS @mittan.asia #sufiyanismailkhatri #ajrakh #kutch #handblockprint #mittan #outbound #keepittoday

CALICO_indiajpさん(@calicoindiajp)がシェアした投稿 -